割と長いですが宮守
オチなんてない

シロ「ダルい…」グデー

京太郎「大丈夫ですか?」

シロ「だいじょばない…すごくダルい…」

塞「まさかシロだけ風邪引くとはねー…」

豊音「顔がちょー真っ赤だよー…」

エイスリン「シロ、スグナオル?」オロオロ

京太郎「大丈夫ですってばエイスリンさん。シロさんは元々が白いから重く見えるだけで1日しっかり寝てれば治りますよ」

胡桃「京太郎くーん、言われたもの持ってきたよー」トコトコ

京太郎「あ、どうもです…とりあえず汗拭いて冷えピタどーん」ペシッ

シロ「あぅ」

京太郎「後はメシか…塞さんは皆の分お願いしますね。俺はサクッと病人用作っちゃいますから」

塞「はいはい了解。うどんで良いんだっけ」

京太郎「それでお願いします。んで残りのお二人は片方ずつ手を握ってやっててください。それだけで楽になりますし」

豊音「任務了解だよー!」ギュー

エイスリン「ン!」パッ[(`_´)ゞ]

シロ「豊音…力強い…」

豊音「わわ、ごめんね…」


京太郎「今回は煮込みうどんでいいかな…」

塞「麺はこっちでゆでるから具材はお願いねー」グラグラ

京太郎「シロさんの分はぶつ切りにして柔らかめでー」トントントントン

塞「わかってるよー」グツグツ

京太郎「味見お願いします」スッ

塞「ん…毎度ながら流石だね。ちょうどいい味だよ」

京太郎「んじゃ水足して具を突っ込んでひたすら煮込む!」ドバドバ

塞「何で最後の方だけ荒くなるのかなぁ…」

ーーーーー

京太郎「というわけで…いただきまーす」

「「「「まーす」」」」

シロ「食べさせて…」

京太郎「こら、甘えない。動けるんだからちゃんと自分で食べてください」

シロ「鬼…悪魔…」

京太郎「それ下げんぞ」

シロ「頂きます…」もきゅもきゅ

胡桃「流石京太郎くん…躾が上手い…」ズルズル

塞「珍獣使いスッガ…」ズルル

胡桃「ぶふぅっ!」プルプル

塞「胡桃汚いよ…はいタオル」スッ

胡桃「いきなり笑わせてくる塞のせいでしょ!?」フキフキ

京太郎「二人とも」

「「ん?」」

京太郎「うるさい」ゴッ

「「はい」」


豊音「はひ…あちち…つるつる…ちょーおいしいよー…」ホワホワ

エイスリン「so delicious!」チュルル

京太郎「まだまだあるので食べたかったら言ってくださいね」

塞「じゃあ…お願いします」テッ

胡桃「あっ、こっちもお願い」

エイスリン「ン!」[m(_ _)m]

京太郎「はいはい」

豊音「うーん…私はもうお腹いっぱいかなー」

「「「えっ」」」

シロ「女の子アピール待ったなし…慈悲はない…私もごちそうさま…」

京太郎「あれ何か空気重い」

ーーーーー

京太郎「シロさんの体は胡桃さんに拭いてもらったし、もうやることはないかな…」カチャカチャ

塞「あれ?洗い物なら私がやっとくのに…」

京太郎「ついでですよついで。あ、皆の分のお茶入れといてもらえます?」

塞「はいはい、人使いの荒いことで…」

京太郎「この前使わずに一人でやったら怒ったの誰でしたっけ」

塞「それはまた別の話だよ」ダバダバダバ

京太郎「わっかんねー…っと」キュッキュッ

塞「ん、終わった?」

京太郎「はい。運ぶの手伝いますね」

塞「ありがと」

ーーーーー

豊音「ずずー…はふぅ…落ち着くね…」

エイスリン「ニガ…ウマ?」クビカシゲ

胡桃「このお茶なんかいつもより美味しいかも…」ズズー

シロ「ズズ…熱い…」ベー

塞「飲めないなら冷ましなよ…」

シロ「ダルいし…ズズ…べー…」

京太郎「いいんじゃないすか…もうどうでも…しっかし」ズズー

京太郎「この感じ…すげぇ落ち着くなぁ…」ハァ

カンッ