京太郎「ごめんな、待たせちゃったか」

穏乃「今来たところだから大丈夫。私のほうこそ急に呼び出してごめん」

京太郎「…………」

穏乃「京太郎?」

京太郎「すごく冷たいぜ、穏乃の手のひら」

穏乃「それは」

京太郎「いつでも呼び出してくれていいんだよ。俺は穏乃の彼氏なんだから」

穏乃「…………」

京太郎「でも今度から山の高台で待ち合わせるのはナシだ。風邪引くぜ」

穏乃「そんなの、平気だもん」

京太郎「また体調崩して先月の花火大会みたいになっても困るだろ」

穏乃「う」

京太郎「次は俺のアパートにでも来ればいいよ。いつでも歓迎するからさ」

穏乃「…………」

京太郎「どうした?」

穏乃「京太郎はさ。私のことを自分ちに連れ込んで、その」

京太郎「…………」

穏乃「恋人同士がすること、したいと思ってるのかな」

京太郎「穏乃」

穏乃「な、なんでもない。忘れて」

京太郎「…………」

穏乃「…………」

京太郎「思ってるよ」

穏乃「…………」

京太郎「俺は穏乃の彼氏だから、ちゃんとしたいと思ってる」

穏乃「そう、なんだ」

京太郎「そうだよ」


穏乃「私たち、恋人同士だもんね。それが普通なんだよね、きっと」

京太郎「…………」

穏乃「京太郎?」

京太郎「なんでもないよ。穏乃があんまり可愛いから見とれてただけだ」

穏乃「そ、そっか」

京太郎「おう」

穏乃「ちょっと、急に抱っこするのは反則だよ。京太郎のばか」

京太郎「いやか」

穏乃「いじわる。いやなわけないって分かってるくせに」

京太郎「彼氏だからな」

穏乃「もう」

京太郎「…………」

穏乃「京太郎」

京太郎「どうした」

穏乃「虫さされ。首のとこ」

京太郎「…………」

穏乃「このへんは藪が多いから食べられちゃったんだよね、きっと」

京太郎「穏乃」

穏乃「九月も終わるのに災難だったね。なんなら私が毒を吸い出して」

京太郎「話したいことがあるんだ」

穏乃「聞きたくない」

京太郎「…………」

穏乃「今のままでいいから」

京太郎「でも」

穏乃「京太郎にとってはそうじゃなくても、私には京太郎しかいないから」

京太郎「…………」

穏乃「連れてって」

京太郎「え?」



穏乃「京太郎のアパート。連れてってよ」