憧「終わってみると最悪の気分ね。いつものことだけど」

京太郎「説得力ないだろ、あんなに大きな声出して」

憧「少しはセンチな気分になってもいいでしょ。それくらい許してよ」

京太郎「別にどうでもいいけどさ。それを許すのは俺じゃないだろ」

憧「…………」

京太郎「穏乃にはなんて言ったんだ」

憧「それこそ、どうだっていいことじゃない。悪趣味なこと聞かないで」

京太郎「どうでもよくないから聞いてるんだよ。あいつには万が一にも」

憧「家の手伝いがあるから部活には出られないって、そう言ったの。これでいいでしょ」

京太郎「ああ」

憧「ホント、最低ね。あたしたち」

京太郎「安心しろよ。最低なのは俺だけで、多分お前はその次だ」

憧「同じことよ。シズにとっては」

京太郎「…………」

憧「ねえ、京太郎。あの子とはもう寝たの」

京太郎「まさか」

憧「あの子のこと、好き?」

京太郎「分かってるだろ」

憧「不安になるの。誰にも言えない関係だもん」

京太郎「…………」

憧「京太郎」

京太郎「…………」

憧「…………」

京太郎「憧が好きだよ」

憧「何よ、それ」

京太郎「誤魔化されてくれよ。いつか必ずちゃんとするから」

憧「…………」

京太郎「憧」


憧「後悔してるわ。あんたたち二人を付き合わせたこと」

京太郎「…………」

憧「言えないじゃない、今すぐあの子と別れてなんて」

京太郎「ごめん」

憧「やめてよ」

京太郎「本当にごめん」

憧「やめてってば!」

京太郎「…………」

憧「…………」

京太郎「メール。穏乃から」

憧「…………」

京太郎「…………」

憧「行くの」

京太郎「行くよ。彼氏だから」

憧「そう」

京太郎「シャワー、借りてもいいか」

憧「…………」

京太郎「憧」

憧「だめ」

京太郎「…………」

憧「…………」

京太郎「分かった。このまま行く」

憧「…………」

京太郎「じゃあな」

憧「京太郎」

京太郎「…………」

憧「…………」



憧「キス、して」