ピンポーン

京太郎「はーい、どちらさまーって…」

一「やっほー」フリフリ

京太郎「一さん?どうやってこの家に…」

ハギヨシ「私です」シュタッ

京太郎「屋根から!?」

ハギヨシ「こんにちは京太郎くん。今日もいい天気ですね」ニコッ

京太郎「良い笑顔だけど騙されませんよ。何でここに?」

ハギヨシ「実は…」

ー透華「時代はラブコメですわ!」ー

ハギヨシ「ということで一さんに全休が与えられ、今に至るのです…」

京太郎「あんの馬鹿お嬢様…!」

一「あ、あはは…」

ハギヨシ「すみませんがどうかよろしくお願いいたします…では」プンッ

京太郎「なに!?消えた!?」

一「どんどん人外化していくね…」

京太郎「…まぁ、あがってください」

一「うん、お邪魔するね…」

ーーーーー

一「へー、京太郎くんの部屋ってこんな感じなんだー」キョロキョロ

京太郎「恥ずかしいのであまり見ないでくださいよ…お茶どうぞ」コトッ

一「ありがと…頂きます…ん、淹れるのうまくなってるね」ズズッ

京太郎「まあ割と練習してますし…」ズズッ


一「にしても透華はいきなりだよねー…ラブコメだーって何なんだろうねホント」クスクス

京太郎「まぁあのお馬鹿様にはさんざん振り回されてますし…今更感がありますね」ハァ

※交流は割とあった設定

一「にしてもボクと京太郎くんがねぇ…やっぱりそう見えるのかな?」

京太郎「ていうか純さんはむしろ男友達、透華さんはアレだし、衣さんは…うん、まあ…それで智紀さんはまた違うしで消去法の可能性も…」

一「あー…」

京太郎「でも俺たちがお似合いでってことなら何か嬉しいですね」

一「…京太郎くんも言うようになったね…」

京太郎「慣れましたから…(主にあなたの私服で…)」

一「…ボクだけ恥ずかしいの何か悔しい、ってことでどーん!」ドーン

京太郎「うわっ!」ドサッ

一「マウントポジション…からの…んっ…」チュッ

京太郎「んむっ!?」

一「んっ…ふふっ…キスしちゃった♪」

京太郎「何すんですかいきなり…」


一「あれ?あんまり動揺してない?」

京太郎「まあ…割とそんな気配はありましたし…」

一「ふふ、ということは脈ありなのかな?」

京太郎「というより、お願いしたいくらいですよ」ギュッ

一「…ずいぶんいきなり詰めてきたね?」

京太郎「一さんが飄々としててつかみにくいからです。でも」チュッ

一「んっ…」

京太郎「同じ気持ちなら、足踏みする必要はありませんから」ニコッ

一「キミもずいぶんつかみ所がないよね」クスッ

透華「えんだぁですわー!」バーン!

ハギヨシ「いやぁ、と言ったところですか」シュタッ

京太郎「…今更ですけどどこから?」

透華「無論、始めからですわ!いいラブコメでしたわよ!」

一「…もう死にたい」ポフッ

おちもなくカンッ