京太郎「もうすぐホームルーム終わりますよ。いつまで続けるんですか、これ」

揺杏「まだ全然充電できてないもん、もう少しだけ抱き締めて」

京太郎「そもそも充電って、後ろから抱きすくめるヤツですよね。たしか」

揺杏「細かいことは言いっこなし。ほら、ちゃんと胸に頭預けて」

京太郎「細かくないし、めちゃめちゃ照れくさいんですけど」

揺杏「…………」

京太郎「先輩?」

揺杏「告白。保留してるくせに」

京太郎「う」

揺杏「いつまで経っても名前で呼んでくれないし。それに」

京太郎「分かった。分かりましたから、大人しく抱かれててください」

揺杏「えへへ」

京太郎「もう」

揺杏「きょうたろ、きょうたろ。くんかくんか」

京太郎「ちょっと、においを嗅ぐのは本当にやめてください。恥ずかしいです」

揺杏「砂ボコリのにおいがする。体育があったんだね、今日は」

京太郎「揺杏先輩!」

揺杏「へ」

京太郎「ほ、他のことならなんでもしてあげますから。だから」

揺杏「いま。名前」

京太郎「…………」

揺杏「わわわわ、分かった。においを嗅ぐのはやめる。やめるから」

京太郎「…………」

揺杏「もっかい」

京太郎「…………」

揺杏「…………」

京太郎「揺杏、先輩」

揺杏「…………」

京太郎「揺杏」

揺杏「…………」


京太郎「…………」

揺杏「…………」

京太郎「えっと。ドキドキしてますよね、いま。胸から直接聞こえます」

揺杏「どうしてそういうこと口に出すかな」

京太郎「ごめんなさい。なんか、可愛くて」

揺杏「そんなの、ドキドキしてるに決まってるじゃん。京太郎のばか」

京太郎「すごく温かいです。先輩の体」

揺杏「え」

京太郎「先輩?」

揺杏「や、やだ。どうしよう」

京太郎「どうかしましたか」

揺杏「汗、出てきちゃった。京太郎が変なこと言うから」

京太郎「…………」

揺杏「京太郎?」

京太郎「揺杏先輩のにおい」

揺杏「ちょっと!? 嗅がないでよ、人にはダメって言ったのに!」

京太郎「さっきのお返しです。くんかくんか」

揺杏「い、いまはダメ! 汗かいちゃってるから本当にダメなの!」

京太郎「先輩、揺杏先輩」

揺杏「ダメだって、言ってるでしょ!」

京太郎「あっ」

揺杏「きゃっ!?」

京太郎「…………」

揺杏「…………」

京太郎「倒れちゃいましたね。椅子」

揺杏「…………」

京太郎「えっと、もしかしなくても先輩のスカートの中ですよね。これ」

揺杏「…………」

京太郎「先輩」


揺杏「立てないの」

京太郎「へ?」

揺杏「腰が抜けちゃって立てないの!」

京太郎「…………」

揺杏「…………」

京太郎「いま触ってるこれ、先輩の太ももですよね」

揺杏「せ、先輩の太もも。です」

京太郎「柔らかいのに黒ストが指を押し返してきて、その。いいと思います」

揺杏「ありがとう、ございます」

京太郎「…………」

揺杏「…………」

京太郎「いま俺の顔に乗ってるのって、先輩の」

揺杏「いいいい、言わなくていいから! その通りだから!」

京太郎「…………」

揺杏「…………」

京太郎「くんかくんか」

揺杏「ちょっと!?」

京太郎「すーはー、すーはー」

揺杏「ばかばかばか! ダメ! 絶対嗅いじゃダメ! ばか! 京太郎ばか!」

京太郎「なるほど」

揺杏「何満足してるのさ! ばか! えっち、すけべ! 変態!」

京太郎「…………」

揺杏「京太郎?」

京太郎「好きです」

揺杏「へ」

京太郎「たしかに良いにおいとは言えませんけど、好きです」

揺杏「な、何言って」

京太郎「揺杏さん、俺と付き合ってください」

揺杏「」


由暉子「そんな。嘘です」

揺杏「ユキ!? あんた、いつからここに!?」

由暉子「お二人が特殊なプレイを始めたあたりから、ずっと」

揺杏「」

由暉子「驚きを隠せません。まさか岩館先輩にこんな性癖があったとは」

揺杏「これは事故! 事故だから! 腰が抜けて立てないの!」

由暉子「こ、腰が抜けて立てない? そのスカートの中で一体何が」

揺杏「違う!」

由暉子「正直ドン引きです」

揺杏「私、ユキにドン引きされたの!?」

由暉子「ですが、まあ。それはそれ、これはこれですよね」

揺杏「へ」

由暉子「私は一旦身を引きます。須賀くんが岩館先輩を選んだのであれば」

揺杏「ユキ」

由暉子「ずっと待っていますから。いつかあなたが振られる日まで」

揺杏「…………」

由暉子「…………」

揺杏「ありがと」

由暉子「ふん」

揺杏「ところで、皆はどうしたの? ユキの他にはまだ誰も来てないよね」

由暉子「え」

揺杏「え?」

爽「きききき、来てないぞ。うん」

誓子「あ、あはは。はは、ははは」

成香「おめでとう、揺杏ちゃん」

揺杏「」




揺杏「」

京太郎「くんかくんか。すーはー、すーはー」