京太郎「…」ジー

咲(?)

咲(京ちゃんどうしたんだろう…部長のことじっと見て?)

京太郎「うーむ…」

咲(何か悩みごとでもあるのかな?)


次の日

咲「こんにちはー」ガラッ

京太郎「おう咲」

咲「あれっ?京ちゃんひとり?」

京太郎「ああ…まだみんな来てないぞ…」

咲「そっかぁ…」

京太郎「…」

咲「…」

咲(ううっ何か気まずい…)

咲(京ちゃんどうしたんだろう…何だかいつもと違う…)

京太郎「なあ咲…」

咲「へっ!なっ何!?」

京太郎「咲に折り入って頼みがあるんだ…」

咲「頼み?」

京太郎「ああ」

咲(もしかして昨日からずっと悩んでたのかな…?)
咲「それって私にしか頼めないこと?」

京太郎「ああ咲にしか頼めないことなんだよ…」

咲(京ちゃんがこんなに真剣な顔するなんて…きっとものすごく重大な悩みなんだ…!)

咲「わかった!私にできることならなんでもするよ!」

京太郎「本当か!」

咲「うん!」

京太郎「ありがとう咲…こんなことお前にしか頼めなくてさ…」

咲「で、どんなこと?」

京太郎「ああ、咲、この黒タイツを履いてくれ」

咲「」


バシーン!

京太郎「いってえ!!」

咲「な、なな何言ってんの京ちゃん!馬鹿なの!?変態なの!!?」

京太郎「なんでもするよって言ったじゃん!!」

咲「こんなアホなことだとは思わなかったの!」

京太郎「アホなこととはなんだ!アホなこととは!俺にとっては重大なことなんだよ!」

咲「一体何が重大なのさ!」

京太郎「いいか咲、よく聞け」

咲「はあ…」

京太郎「俺は今まで和みたいなおもちが一番だと思っていた…」

咲「…」イラッ

京太郎「でも違ったんだよ!それだけが全てじゃないって!!」

咲「…そうですか」

京太郎「部長のあの脚線美を見て思ったんだ…おもちには無い素晴らしさが!!」

京太郎「しかもその脚線美をより一層際立たせている黒タイツの美しさにっ!」
咲「…それで?」

京太郎「というわけで咲に黒タイツを履いてほしい」
咲「わけがわからないよ!」


咲「脚線美の話からなんで私が黒タイツ履くことになるのさ!」

京太郎「だってなんか部長の脚見てたら…」


久『須賀君?私の脚ばっか見るのはいいけど、いい加減にしないと怒るわよ?』
京太郎『えっ!そ、そんなことしてるわけないじゃないですか!』アセアセ

久『ふーん、シラを切るつもりなら…このこと和に言っちゃうわよ?』

京太郎『!?』

久『和のおもちのみならず私の脚をジロジロ見てたなんて知ったら、和はどう思うかしら?』

京太郎『ううっ…』


京太郎「…ということがあってな」

咲「ふんふん、それで部長の脚が見れなくなったから私で我慢しようと…」

京太郎「そうそう」

バシーン!

京太郎「あだぁっ!!」

咲「ばっかじゃないの!なんで私が京ちゃんの慰み物みたいなことしなくちゃいけないの!」

京太郎「慰み物って…なにもそんな風に言ってるわけじゃ…」

咲「言ってるようなもんだよ!」プンスカ

京太郎「そんな怒るなよ…」

咲「怒るよ!京ちゃんいつもいつもエッチなことばっか考えて!」

京太郎「…すみません」

咲「いっつもいっつも和ちゃんの胸ばっか見て!」

京太郎「そんないつもじゃ…」

咲「その上、今度は部長の脚って!」

咲「いつもそうだよ京ちゃんは!他の女の子ばっか見て!私のこと見てくれたことなんか一度もない!」

京太郎「さ、咲?」

咲「わ、私だって…ひっく京ちゃんに見てもらおうって…ぐすっ…が、頑張ってるのに…」

京太郎「…咲」


京太郎「なあ咲…」

咲「…なに?」グス

京太郎「そりゃたしかに俺は和や部長ばっか見てるかもしれないけど…それ以上に俺は咲のことを見てるつもりだぞ」

咲「!!」

咲「…ホントに?」

京太郎「本当だよ、たしかに咲は和に比べりゃ控えめかもしれないけど、咲の脚…すごく綺麗だ…」

咲「…!」カァァ

咲「だからって黒タイツ履いてくれって…」

京太郎「ああーそれはだな、俺なりの愛の告白みたいなもんだ」

咲「へっ!それって!えええ!?えっと、その…ううっうれしいです…」

京太郎「それはオーケーってことでいいのか?」

咲「…うん」コクッ

京太郎「ありがとう咲…」
咲「で、でも他にやり方なかったの!?こんなわけわかんないやり方…」

京太郎「いやあ色々考えたんだけど…こういうのって俺らしいだろ?」

咲「もうっ…バカ…」

京太郎「じゃあ咲…俺の頼み聞いてくれるか?」

咲「うん…いいよ」


咲「京ちゃん、あっち向いてて」

京太郎「お、おう」クルッ

スルッ ススー

咲「京ちゃんいいよ」

京太郎「ああ」クルッ

京太郎「……」

咲「ど、どうかな?こういうのあんまり履かないから、よくわかんないけど…」
京太郎「咲…」

咲「?」

京太郎「綺麗だ…」ハァ

咲「そ、そう?」カァァ

京太郎「ちょっと回ってくれるか?」

咲「う、うん」クルッ

京太郎(…!!たなびくスカートの隙間から覗く黒タイツが…う、美しい…)

咲「…京ちゃん?」

京太郎「はっ!」

咲「大丈夫?」

京太郎「いや、見とれてた…」

咲「そ、そんなに?なんだか恥ずかしい…」カァァ

京太郎「なあ、もっと近くで見てもいいか?」

咲「へっ!…う、うん、いいよ」

京太郎「……」ジー

咲(ち、近いよぉ…京ちゃん)

京太郎(咲のスラッとした脚のラインが黒タイツの黒によって、より際立っている…綺麗だ…)

京太郎「咲…あの…」

咲「な、なに?」

京太郎「触ってもいいか?」

咲「えっ!そ、それはちょっと…」

京太郎「ダメか…?」ジッ

咲(そ、そんな目で見つめないで~)アセアセ

咲「へっ変なことしないよね?」

京太郎「当たり前だろ」

咲「じゃあ…いいよ」

京太郎「それじゃ、お言葉に甘えて…」


サワッ

咲「ひゃっ!」

サワッ サワッ

咲「ん…ううっん…!」

京太郎「咲の脚、すべすべで気持ちいい…」

ススー スッ スッ

咲「ふぁあ…っ、あっ、い、言わないでぇ…」

京太郎「咲、かわいい」

サッ サワッ スッ スッ

咲「はぁ…はぁ…京ちゃぁん、なんか、なんかキちゃう…」

京太郎「なんかってなんだ?」ニヤッ

咲「そんなのっ…わかんないっよぉ…」

京太郎「咲っ…」

咲「京ちゃん…きて…」

京太郎「咲!いいのか?」
咲「うん…京ちゃんなら…」

京太郎「咲っ!」


ガラッ

久「ちょっと」

京太郎「」

咲「」

久「まったく…少し様子を見てたらこれだもの…」フゥ
久「そういうことは然るべき所でしてもらわないと

京太郎「ぶ、部長…見てたって、いつから?てかロッカーから…」

久「早めに来たのはいいけど、誰もいなかったからロッカーで寝てたの」

久「そしたら須賀君と咲が来たの、出ようと思ったけど、なーんか面白いことになってたから見てたら…」
久「まさかこんなことになるとはねぇ…」ニヤッ

咲「ふえええ!ぶ、部長このことはみんなにはっ!」
久「まあー私もそこまで野暮じゃないしー咲に関しては見逃すわ」

京太郎「咲に関してはって…俺は?」

久「須賀君は部室内での不純異性行為につき罰として一週間部室掃除!!」

京太郎「そんなあああ!!」

咲「京ちゃん…」

京太郎「ううっ咲ー」

咲「私も掃除手伝うから…」ナデナデ

京太郎「ううっすまん…」
咲「でも京ちゃん」

京太郎「ん?」

咲「一週間は二人っきりだね…」カァァ

京太郎「お、おう」カァァ


久「はぁ…やれやれだわ」


カン!