塞「あ、ねぇ須賀くん」

京太郎「どうしました、臼沢先輩?」

塞「今日ね、おやつとして煮物作ってきたんだけど食べる?」

京太郎「おぉ、いいっすね!頂きます!…んむ、んまい!美味いっすよこれ!」

塞「ふふっ、喜んでもらえて嬉しいよ」

ーーーーー

塞「須賀くん須賀くん」チョイチョイ

京太郎「はいはいなんです?」

塞「今日はお煎餅だよ!」

京太郎「おぉ…すげぇ美味い!砂糖醤油の甘じょっぱい懐かしの味…!最高っす!」グッ

塞「ふふふ♪まだまだあるよー♪」ニコニコ



ーーーーー

塞「あ!京太郎くーん!」ブンブン

京太郎「どうもっす、塞先輩。今日は七輪まで用意したんですか?」

塞「うん、ちょっと早いけどあったかいものでも良いかなって。はい、お餅焼けたよ」

京太郎「どもです。…おぉ、うにょーんうにょーん伸びるー」もっちもっち

塞「つきたてに近いからねー。美味しいでしょ?」

京太郎「ですねー。それになんかこれ楽しいです。うにょーんうにょーん」

塞「あははは、ちょっとわかるかも」

ーーーーー

塞「やっ、いらっしゃい。用意はできてるよ」

京太郎「お邪魔しまーす…あ、いい匂いがする…」

塞「寒かったでしょー?お鍋でも食べて暖まろっか?」

京太郎「ごちになるっす…ほひ、あつ…うまうま…」

塞「どんどん煮てくよー」

京太郎「塞さんペース早いっす!待っ…あちち!」

ーーーーー

塞「きょ…京太郎…くん」

京太郎「えっと…はい…」

塞「えっと…今日は…その…」

京太郎「な、何でしょうか…?」

塞「に、肉じゃがを…ね…作ってきたの…食べて…くれるかな?」オズオズ

京太郎「…喜んで!」

カンッ