白望「………」グデーン

京太郎「みかん食べます?」ムキムキ

白望「あー」

京太郎「ほい」

白望「んむんむ…おいし」

京太郎「まだまだありますからねー」ムキムキ

白望「あー」

京太郎「はいはい。慌てないで」

白望「―ん。京太郎がいるから何もしなくて良い。もう最高」

京太郎「流石に俺も家に帰ってからは知りませんからね」

白望「家だけいないとか……ダル」

京太郎「俺がいないのが普通なんですってば」

京太郎「てか、もし家に俺がいたら今以上に世話させるつもりですか!?」

白望「うん。出来ることなら四六時中ダルいのを肩代わりして貰いたい」

京太郎「四六時中って………俺を養うつもりですか…」

白望「うん。その為なら今の努力を惜しまない」

京太郎「即答っ!?もうちょっと違うところで努力して欲しいなーなんて」

白望「やだ。ダルいし面倒だし」

京太郎「なんでそうなっちゃうのかなぁ……?」


白望「………あ、そうだ」ピコーン

京太郎「何でしょう」

白望「私が卒業したらさ」

京太郎「白望さんが卒業したら?」

白望「一人暮らししようと思ってるんだ」

京太郎「なんて無茶を……」

白望「住んで」

京太郎「…………………………は?なんつった今」

白望「住んで」

京太郎「ワンモア」

白望「住んで」

京太郎「嫌だ」

白望「『嫌』じゃない。住んで」

京太郎「嫌」

白望「住んで」

京太郎「嫌です」

白望「住め」

京太郎「嫌だ」

白望「いいから住め。先輩命令だからもう決定」

京太郎「なんですとぅ!!?」

白望「実は京太郎のお義母さんには話つけてある」

京太郎「ちょっ!俺聞いてないんですけど!」

白望「あとはお義父さんを説得するだけだったり」

京太郎「お…俺の意思は?」

白望「ない」

京太郎「あァァァァんまりだァァァアア!!!!」


カンッ!