782 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 22:01:37 ID:OGjQpZ0O
ガチャ
京「たっだいま~」

咲「おかえり京ちゃん お疲れ様 上着預かるよ」

京「おうサンキュー 先に風呂入ってくるわ」

咲「(ん…?)うん ゆっくりどうぞ」



咲(気のせいかと思ったけど…やっぱり上着からいい匂いがするよ…)スンスン

咲(?…何か入ってる…)ゴソゴソ

咲(!……これって…)



783 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 22:08:16 ID:OGjQpZ0O
京「は~いい湯だったぁ」

咲「京ちゃんビール お酌するよ」

京「おおありがたや やっぱ風呂上がりはビールだよな~」ゴクッゴクッ

咲「…ねぇ京ちゃん 【Bar 隠れ家】ってどこ?」

京「!!ぶっ!」ゴホッゴホッ

咲「やだっ!京ちゃん大丈夫!?」

京「ハァハァ…な 何で知ってるんだ?」

咲「…し 知られちゃマズイような所なの?」

京「いや…そうじゃないけど…今日上司と寄って来たんだ 呑んではいないよ」

咲「へ…変なお店じゃないよね…?」

京「そんなわけないでしょうが」

咲「だって上着からいい匂いしてたし…ポケットから店の名前が書いてあるマッチが出てきたから…
心配になっちゃって…」

京「ああ何かお香焚いてたみたいだからなぁ 部長のお気に入りらしい
マッチ捨てとけば良かったな 誤解させちまった」

咲「ううん それならいいの(京ちゃん…信じていいんだよね…?)」



784 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 22:14:40 ID:OGjQpZ0O
カランカラン
和「宮永さん!お久しぶりです」

咲「原村さん!ごめんね急に」

和「私なら全然大丈夫ですよ」

咲「でも幼稚園の方忙しいんでしょ?」

和「確かに忙しいです でも皆可愛くて毎日とても楽しいんですよ」

咲「うん 原村さんいい顔してるよ」

和「そ…そうですか?//それで今日は?」

咲「うんちょっと相談が…」

和「ふふ いいですよ
でもまた味噌汁の具なんかで喧嘩したんじゃないでしょうね?」

咲「………」

和「…何かあったんですか?」



和「そうですか そんなことが…」

咲「うん…」

和「う~ん私は大丈夫だと思いますけど…少し場所を変えましょうか」

咲「え…どこに?」

和「情報交換所 ですよ」

咲「?」


785 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 22:23:06 ID:OGjQpZ0O
カランカラン
まこ「いらっしゃい~」

優希「のどちゃん!咲ちゃん!」

咲「染谷先輩!優希ちゃん!」

和「染谷先輩は最近ここに喫茶店を出店したんです」

まこ「田舎じゃなかなか採算とれんけぇのぅ 新装開店じゃ」

咲「そうだったんですか 優希ちゃんはお店の方どう?」

優希「大繁盛だじぇ!中高生に大人気なんだじょ!」

和「優希の作るタコスですからね」

優希「天下一品だじぇ!咲ちゃんもまた京太郎と来るがいい!」

咲「…うん」

まこ「なんじゃあ元気がないがな 喧嘩でもしたんか?」

和「そのことなんですが…」



まこ「別に心配いらんと思うがの~」

優希「京太郎にそんな度胸あるとは思えないじょ!」

和「ほら宮永さん きっと大丈夫ですよ」

咲「う~ん…」

カランカラン
久「やっほ~」


786 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 22:30:40 ID:OGjQpZ0O
久「あら 珍しく皆揃ってるのね」

咲「部長!」

和「今はもう竹井プロ ですよ」

久「やめてよまだまだ駆け出しの新参なんだから 和だって咲のこと未だに宮永さん じゃない」

優希「けどプロの風格があるじぇ!」

久「ふふ ありがと まこ、いつもの特盛でね」

まこ「はいよ 親子丼特盛、じゃな」

久「それで今日は何の座談会?何か悪巧みかしら?」



久「なるほどね~」

咲「部長もやっぱり心配ないと思いますか?」

久「うーん 実はこの前須賀君がこのお店に入ってくの見ちゃったのよね~
それも女の人と二人で」

咲「!!!」


787 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 22:38:23 ID:OGjQpZ0O
咲「京ちゃん…上司と行ったって言ってたのに…」

まこ「ど…どんな感じの相手だったんじゃ…?」

久「どんなって…割と背が高くてカッコイイ感じの女性だったわね」

咲「………」ジワ

久「まぁ咲とは正反対の魅力があるって感じね」

咲「う……」グス

和「部長!少しは宮永さんの気持ちを考えて言葉を…」

久「まぁまぁ ここまで暴露したのは私だって須賀君を信じてるからよ
二人きりと言っても浮気とかそんな雰囲気には見えなかったわ」

咲「…」

優希「咲ちゃん…」

咲「部長…そのお店の場所 教えてもらえますか?」

和「!…宮永さん…!」

久「…いいわ 今のままだと不安なだけだものね 行って納得してきなさい」

咲「…はい」


788 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 22:44:12 ID:OGjQpZ0O
ギィィ
モモ「あーすいません 開店は5時からっす」

咲「…」

モモ「どこか具合悪いんすか?ならそこのソファで…」

咲「あ 違うんです 少しお尋ねしたいことが…」



モモ「うーん男女のカップルなんて星の数ほど来ますからね~
背が高くてカッコイイ感じで…他には特徴ないっすか?」

咲「えと…たぶんここの常連さんだと思うんですけど…」

モモ「あ わかったっす 旦那さんのお勤め先〇〇商事じゃないっすか?」

咲「そ…そうです…!」

モモ「なら心配ないっすよ 相手の方もそこが勤務先だからホントに上司と部下の関係っす」

咲「でも…もしかしたらその上司と…」

モモ「それだけは絶対ありえないっす」

咲「な…何でそんな断言できるんですか?」

モモ「………//」

咲「?」

モモ「その上司は…その人は高校の時から私の恋人だからっす//」


789 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 22:50:34 ID:OGjQpZ0O
咲「そう…だったんですか」ホッ

モモ「そうっす だから旦那さん100%シロっすよ」

咲「…良かった…」

モモ「あの時は私も交えて話してたから会話も覚えてるっす
旦那さん、有望株だって紹介してもらってたっすよ」

咲(京ちゃん…頑張ってくれてるんだ…)

モモ「あとは仕事の話と…プレゼントがどうとか」

咲「?そうですか 安心しました ありがとうございました」

モモ「いやいやお役に立てて良かったっす」

ギィィ
咲「あ…最後にもうひとつだけお聞きしてもいいですか?」

モモ「?どうぞっす」

咲「京ちゃん…お酒呑み過ぎたりしてませんでしたか?」

モモ「ふふ いい奥さんっすね
彼が飲んだのは烏龍茶だけっす こっちは商売あがったりっすよ」

咲「す…すみません」

モモ「何で奥さんが謝るんすか でも今度は夫婦二人でどうぞっす」

咲「はい ぜひまた…
ありがとうございました」


790 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 22:56:37 ID:OGjQpZ0O
咲(なんだ…全部私の思い過ごしだったんだ…)

咲(よし!京ちゃんに謝らなくちゃ!今日はご馳走にしよう!)



咲「こんにちはおじさん そのモモ肉下さい」

肉屋「はいまいど ん?向かいの花屋にいるの咲ちゃんとこの旦那じゃないかい?」

咲「え?…あ ほんとだ」



咲「京ちゃ~ん 今日早いんだね」

京「ぉわ!咲!?何やってんだ!?」

咲「え…買い物だけど 京ちゃんこそどうしたの?花なんか買って」

京「…今日は何の日?」

咲「今日?今日は…何の日?」

京「ハァ…俺が女々しいみたいじゃないか…今日は二人の記念日でしょうが」

咲「あ!結婚記念日!!」

京「なんだよ その肉も今日のご馳走じゃないのか?」

咲「う…それはもちろん!忘れる訳ないでしょ」

京「思い切り忘れてたって反応でしたが」

咲(そうだよ…この人はこんなに私を想ってくれるんだ…)

京「咲?」

咲「京ちゃん」

京「ん?」

咲「大好きだよっ」

名前:
コメント: