憧「残念だったわね。花火大会」

京太郎「仕方ねえよ、穏乃の体調が悪いんだもん。残念だけどさ」

憧「…………」

京太郎「どうかしたか」

憧「いやね、すっかり彼氏さんの顔になったなって思っただけ」

京太郎「彼氏の、顔」

憧「気付いてる? 京太郎、すごく優しい顔してるよ」

京太郎「そうかな」

憧「そうよ」

京太郎「穏乃の彼氏、ちゃんとできてるのかな。俺」

憧「あんたたち二人をくっつけたのはあたしよ。信じなさい」

京太郎「…………」

憧「京太郎?」

京太郎「憧はさ、どうして穏乃と俺の仲を取り持ったんだ」

憧「どうしてって。ああ、京太郎には話してなかったっけ」

京太郎「え?」

憧「シズがあんたのことを気にしてたから」

京太郎「でも、あいつそんな素振り一度も」

憧「気取られるのが恥ずかしかったんでしょ、なんせ初恋だったらしいから」

京太郎「知らなかったよ。そんなの」

憧「黙っててって頼まれたからね。ホント、面倒くさい幼馴染」

京太郎「…………」

憧「シズと何かあった?」

京太郎「どうして」

憧「なんとなくよ、なんとなく」

京太郎「…………」

憧「…………」

京太郎「ねえよ。何も」

憧「嘘」

京太郎「本当のことだよ。なんでもないから、穏乃と俺は」


憧「何それ」

京太郎「俺だって、いつも穏乃のことだけ考えてるわけじゃねえよ」

憧「え?」

京太郎「なんでもない」

憧「…………」

京太郎「…………」

憧「花火」

京太郎「始まったんだ。結構よく見えるんだな、こんな場所でも」

憧「うん」

京太郎「…………」

憧「シズの部屋からでも見えるよね。これなら」

京太郎「そうかもな」

憧「…………」

京太郎「…………」

憧「ねえ、京太郎」

京太郎「…………」

憧「私たちってさ、本当なら。お互いにもっと間がよかったなら」

京太郎「憧」

憧「…………」

京太郎「やめよう。俺たち多分、同じこと考えてる」

憧「…………」

京太郎「やめてくれ」

憧「…………」

京太郎「…………」

憧「ごめん」

京太郎「…………」

憧「花火、つまんないね」

京太郎「そうだな」



京太郎「穏乃がいないからだよ。きっと」