ムクッ…

咏「あ゛ー…腰痛い…昨日ヤりすぎたかねぃ…」ウトウト

京太郎「朝から何変なこと言ってんですか…」

咏「んー…京太郎じゃん…ぉあよ…」ギュー

京太郎「なぜ抱きしめるのか」ナデナデ

咏「三尋木プロはダンナに甘やかしてもらうところから一日が始まるのさー…知らんけど」スリスリ

京太郎「はぁ…それじゃあ言われたとおりに甘やかしてあげましょうかね…」ヒョイ

咏「んあー…ヤるのはもう勘弁…」

京太郎「しませんってば…顔洗ってきなさい。洗面所まで連れてってあげるから」

咏「最大船速ー…」

京太郎「アラホラサッサー」スタスタ

咏「よし!すっきりした!さあ早く甘やかせ!」ドーン

京太郎「何か最近衣さんに似てきましたね…」

咏「あんなちんちくりんに似てるって言われたらお終いじゃね?知らんけど」

京太郎(その体で何を言うのやら)

咏「…京太郎、今日は一日私の椅子決定な」

京太郎「理不尽…でもそれいつもと変わらない気が」

咏「うっせーし。いつもなんて知らんし」トサッ


京太郎「てか仕事はどうするんです?今日確か対局ですよね?」

咏「あー…行きたくない…すこやん怖い…」

京太郎「良い人じゃないですか。結構可愛いし」

咏「…ていっ」ボスッ

京太郎「ぐふぅっ」

咏「ヨメの前で他の女褒めんな。イラつく」パタパタ

京太郎「けほっ…すみませんね…」

咏「それにあれは普段の顔で…対局した時は抜け駆けを妬むようなオーラでこっち見てくるから…」ガタガタ

京太郎「おお…もう…」ナデナデ

咏「アレには勝てない…絶対無理…」

京太郎「日頃諦めない咏さんがここまでとか珍しい…」ナデナデ

咏「うーあー…でも今日甘やかしてくれたら勝てるかもねぃ…」ホワンホワン

京太郎「それは責任重大ですねー」ギュー

咏「だろー?だからもっと強くしろー」

京太郎「へいへい」


ーーーーー

健夜「咏ちゃん今日はすごいご機嫌だね…旦那さんのお陰かな」ゴゴゴゴ

咏「今日は絶対負けないぜぃ?」ゴッ

咏(そう…今日だけは絶対に負け)「あー☆咏ちゃんだー☆」「ん?」

はやり「やっほー☆男といちゃつくようなプロははやりが成敗してあげるゾ☆」ゴゴゴゴ

咏「」

良子「ノーウェイ…今日は勝てるビジョンが浮かびません…」

咏「そ、それでも…絶対に負けたりなんかしない!」

ーーーーー

咏「アラサーには勝てなかったねぃ…」クスン

京太郎「まぁまぁ…こういう日もありますって」ポンポン

咏「きょおたろぉ…」グスグス

会場全員(爆発しろ)

恒子「ねぇ、これ生放送したら売れると思いません?」ヒソヒソ

えり「これ流したら全国から恨みつらみのファンレターが届く図しか見えないのですけど…」ボソボソ

カンッ

「これもう咏ちゃんじゃなくね?」感がある気がするが謝らない
関係ないけど他の子を褒めたときの軽い嫉妬って最高に可愛いと思う