京太郎「ねぇ咏さん。それ俺のお菓子ですよね?」

咏「いや、知らんし。お前のチョコなんて知らんけど」パリパリ

京太郎「今食ってんじゃねーか!」バッ

咏「あ!何すんだ!食ってる途中なのに!」

京太郎「あーあ、半分無くなっちまってるよ…」ガックリ

咏「返せー!せっかく美味かったのにー!」ゲシゲシ

京太郎「痛い痛い!そんなに食いたいんですか!?」

咏「食いたい」

京太郎「即答ですか…あ、良いこと思いついた」

咏「なんだよ?ていうかはよよこせ」

京太郎「まあまあ…一つ条件がありまして…」 

咏「なんだそりゃ?」


ーーーーー

咏「んっ…ちゅ、じゅるっ…はむっんっ…」

京太郎「ん…ぷはっ…まさかのってくるとは思いませんでしたけどね…」

咏「い、いーだろ別に…最近いちゃつけてなかったし…」フイッ

京太郎「顔真っ赤ですよ」パクッ

咏「う、うっせんむっ…じゅるる…あっ…垂れて…れるっ…」

京太郎「はむ…れろ…」

咏「にゃあ…首筋なめるなぁ…」

京太郎「いちゃつくなんて言うぐらいだし期待してたんでしょ?」ヌチュヌチュ

咏「んぁっ…もっとちょうらい…」

京太郎「もうお菓子関係なくなってるな…いいけど」

咏「ん…きてぇ…きょおたろぉ…」

そのチョコを再び食べる頃には溶けてしまっていたとさ…

カンッ