由暉子「先輩方はいつから須賀くんを名前で呼ぶようになったんですか?」

京太郎「言われてみれば、俺を名前で呼ぶのは爽先輩だけだったような」

由暉子「私もさっきまでそう思っていました。ですが」

揺杏「い、いつまでも他人行儀ってのも寂しいじゃん。同じ部活の仲間なんだし」

成香「そうですよね。京太郎くんは私の大切な後輩ですから」

由暉子「いえ、何も彼を名前で呼ぶのがおかしいとは言っていませんよ。ただ」

京太郎「ただ?」

由暉子「私の須賀くんを先輩に取られたようで癪です。大変業腹です」

京太郎「…………」

由暉子「どうしたんですか。そんなに熱心に見つめられたら妊娠してしまいますよ」

京太郎「あのさ。前から聞こうと思ってたことなんだけど、いいかな」

由暉子「どうぞ、なんなりと」

京太郎「ユキって俺のことが好きなのか?」

由暉子「…………」

京太郎「ユキ?」

由暉子「誰かれ構わず媚を売って回る、ふしだらな娘に見えましたか」

京太郎「いやいや、別にそういうわけじゃなくて」

由暉子「ええ、好きですよ。大好きです。世界の誰より須賀くんが」

揺杏「…………」

由暉子「いい機会です、私からも須賀くんに質問していいでしょうか」

京太郎「あ、ああ。いいぜ」

由暉子「桧森先輩のこと、今でも気になりますか」

成香「へ」

京太郎「…………」

由暉子「どうなんですか」

京太郎「そんなに分かりやすかったか、俺」

由暉子「ずっと見てましたから。私の勘違いならどんなによかったか」

京太郎「敵わないな、ユキには」

由暉子「あなたの女ですよ。どんなことでもお見通しです」

京太郎「…………」


由暉子「須賀くん」

京太郎「気にしてないよ。今は、もう」

由暉子「そうですか。それを聞いて安心しました」

京太郎「なんでもお見通しなんじゃないのか」

由暉子「そういうイジワルは似合いませんよ、須賀くんには」

京太郎「そうかな」

由暉子「そうです」

京太郎「…………」

由暉子「…………」

京太郎「ユキ。俺さ、ユキのこと」

揺杏「ちょっと待った!」

京太郎「へ」

由暉子「まだいらしたんですね。先輩方」

揺杏「いらしたよ! 黙って聞いてたら好き放題二人の世界作ってくれたな!」

成香「強力な恋のライバル。怖いです」

由暉子「ライバル? いませんよ、そんな人。無敵です」

京太郎「ユ、ユキ! 胸が当たって」

由暉子「あなたを喜ばせるための部分ですから。そういう体で生まれてきたんです、私」

京太郎「…………」

由暉子「不満ですか?」

京太郎「めちゃめちゃ柔らかくて気持ちいい。です」

由暉子「ふふふ」

揺杏「ぐぬぬぬぬ」

成香「ど、どうしよう。このままだと京太郎くんがお父さんにされてしまいます」

揺杏「かくなる上は!」

由暉子「おっぱいは決して怖くありません。もっとしっかり触ってください」

京太郎「ユキ。これ以上は、もう」

揺杏「私が見えるか悪党ども!」

由暉子「…………」

京太郎「岩館先輩? 何を」


揺杏「京太郎!」

京太郎「え? あ、はい」

揺杏「す、好きなんでしょ! 黒のストッキング!」

由暉子「岩館先輩。あなた、まさか」

揺杏「みみみみ、見たけりゃ見せてやるよ!」

成香「揺杏ちゃん!?」

由暉子「はあ」

京太郎(黒ストたくし上げ。すらりと伸びた美脚、恥じらう表情。わずかに透ける下着)

由暉子「須賀くん」

京太郎「さ、32000だ」

成香「何が!?」

揺杏「好き! 私と付き合って!」

成香「ここで告白しちゃうの!?」

京太郎「…………」

揺杏「…………」

京太郎「少し、考えさせてください」

成香(あ、ここは冷静になるんだ)

由暉子「とんだ伏兵がいたものですね」

揺杏「ふんす!」

成香(帰りたい)

-----

爽「見てよあれ、両手どころか背中にも花付けてる。歩きにくそう」

誓子「そんなこと言って、内心複雑だったりしないの? 須賀くんを他の子に取られちゃうかも」

爽「前も言ったろ、私と京太郎はそういう関係じゃないってば」

誓子「そういうことにしといてあげる。ふふ」

爽「チカこそどうなんだよ」

誓子「どうって、何が」

爽「しらばっくれるなって。京太郎の奴、あれで案外脈アリだったんじゃないの?」

誓子「脈アリ? ごめんなさい、言っている意味がよく分からないんだけど」

爽(今度またマックでも奢ってやろう)