京太郎「うぃーっす・・・って誰もいないのか。ん?」

優希「クー・・・」

京太郎「なんだ、優希いるじゃん。寝てっけど」

優希「タコスだ・・・タコスをよこせぇ・・・」

京太郎「夢の中までタコスかい。相変わらずだよなこいつは」



京太郎「……」

優希「・・・」スースー

京太郎「・・・」

ぷにぷに

優希「にゅ・・・ん・・・クー・・・」

京太郎「黙ってりゃ可愛いのにな。ぜってーモテるってお前」

京太郎「・・・でもそんな優希、優希じゃねえか」

優希「スピー・・・」

京太郎「ガキみたいにうるさくて、タコスに目がないおてんば娘がお前だもんな」

京太郎「タコスを美味そうに食ってるお前が可愛いし、す、好きだからな」

京太郎「お前は・・・・・。お前はタコスしか見えちゃいないか」

優希「……」

京太郎「・・・・・」

優希「・・・・・」

ドキドキ

京太郎「無防備に寝こけやがって」

京太郎「・・・・・・」バクバク

スッ・・・


優希「何してるじぇ犬。」ガシッ

京太郎「げぇ!?」

優希「忠実な犬かと思えば狼だったとは…私としたことが迂闊だったじぇ」

京太郎「おま、いつから起きて・・・!って、ん・・・?」

優希「・・・・・///」

京太郎「う、腕放せよ。このままじゃ、その…///(唇が・・・)」

優希「・・・このニブチン」

京太郎「え?」

優希「私だって・・・京太郎のこと、いつも見てるんだじぇ・・・」

優希「だから、京太郎ももっと、もっと私のこと、見てほしい・・・」

京太郎「・・・優希」


――――スッ



京太郎「・・・///」

優希「……寝る///」

京太郎「お、おい。もう部活始まるぞ」

優希「皆には私はお疲れだと言っておけ!とにかく寝る!」

京太郎「わ、わかったよ」

優希(こ、こんな赤い顔、見せられるわけないじぇ・・・///。京太郎と、キ、キ、キスをぉ・・・!)

京太郎(やばい、やばい。このにやけ顔皆が来る前になんとかしねえと!ダメだ!嬉しすぎて顔が戻らねぇーー///!!)


カン!
たまには京太郎から矢印向いててもいいと思うんだ