京太郎「すいません、今すぐ閉めますから!」

揺杏「部屋の内側から戸を閉めてどうするのさ!」

京太郎「ホントだ! どうしましょう!?」

揺杏「こっちが聞きたいくらいだよ!」

京太郎「あわわ、あわあわわ」

揺杏「とにかくこっち見ないで! スカート、まだ穿けてないから」

京太郎「き、気をつけます! 黒ストがエロくてすごくいいお尻でした!」

揺杏「手遅れじゃん! えっち、すけべ!」

京太郎「ありがとうございます!」

-----

京太郎「本当にごめんなさい、さっきは少し気が動転してて」

揺杏「もういいよ。女子校気分のまま部室でメイドコスに着替えてた私も悪いし」

京太郎「でも」

揺杏「だったら責任取ってくれるの? 見たんでしょ、私のパンツ」

京太郎「それはもちろんバッチリ見ましたけど、責任って」

揺杏「初めてだったもん、男の子にあんなところ見られたの。須賀くんのばか」

京太郎「…………」

揺杏「…………」

京太郎「分かりました」

揺杏「え?」

京太郎「取りますから、責任。具体的にはどうすればいいですか」

揺杏「それは、その」

京太郎「先に言っておきますけど、あまりお金の掛かることは」

揺杏「そ、そんな要求しないよ! 私はただ」

京太郎「ただ?」

揺杏「須賀くんと仲良くなりたいというか、なんというか」

京太郎「仲良くありませんか? 俺と岩館先輩」

揺杏「そうじゃなくて! 今よりもっと、その」

京太郎「えっと、それって。もしかして」

揺杏「…………」


京太郎「先輩」

揺杏「こ」

京太郎「こ?」

揺杏「これでも着てなよ! 私のお手製メイド服だぞ!」

京太郎「唐突すぎませんか!?」

揺杏「恥ずかしすぎて普通にお喋りなんかできないもん! 察してよ!」

京太郎「か、かわいい」

揺杏「ううううう、うるさい! 後輩くんのくせに生意気だぞ!」

京太郎「というかそれ、今着てるコスを自分から脱いでますよね! 結局」

揺杏「え」

京太郎「正直、目のやり場に困ります」

揺杏「…………」

京太郎「…………」

揺杏「脱いで」

京太郎「へ?」

揺杏「須賀くんも制服脱いでって言ってるの!」

京太郎「なんで!?」

揺杏「私だけ色々見られちゃって不公平だもん! 須賀くんも見せるべきだよ!」

京太郎「あなた、自分が何を言ってるのか分かってますか!?」

揺杏「うるさいうるさい! そうこうしてる間にベルトも外しちゃったもんね!」

京太郎「ちょっと、それ下ろしたらマジで洒落になりませんからね!」

揺杏「いいからとっとと脱いでよ!」

爽「…………」

揺杏「ん?」

爽「…………」

揺杏「」

爽「ごめん、ホントにごめん。罪滅ぼしに人払いはしておくから」

揺杏「違う」

爽「ひ、避妊はちゃんとしろよ? ははは、はは」

揺杏「違うの!」