京太郎「優希!誕生日おめでとう!」

優希「おお犬!ご主人様の誕生日を覚えているとはやるな!で、誕生日プレゼントは?」キラキラ

京太郎「犬呼ばわりは変わらないのな…」

優希「そんなことはいいから早く早く!」ワクワク

京太郎「まぁいいけどさ…プレゼントはな…これだ!」

優希「こ、これは…タコス!?」

京太郎「ただのタコスじゃないぜ?これにはサルサソースの代わりに生クリーム、ほかの具にはフルーツを使った特別品だ!加えてその材料は俺がはるばる日本の農家まで…って優希?黙り込んでどうした?」

優希「いや、これって…」

京太郎「?」

優希「クレープなんじゃないか?」

京太郎「え?……えっ?アッ…スマン」

優希「はぁ、全く犬はそそっかしいじぇ…」ヤレヤレ

京太郎「スマン優希…作り直してくるわ…」

優希「いやいやいや!別にいいじぇ!たまには甘いものも食いたかったことだしな!」

京太郎「そ、そうか?そうならいいんだが…で、味は?」

優希「まあまあ慌てるな…」ハモハモ「ん…甘い…美味いじぇ!」

京太郎「ホントか!はぁ…よかった…これで不味いとか言われた日にゃ心が折れるわ…」

優希「しかし甘いじぇ…」ハモハモ
 


京太郎「え?そんな甘かった?…ちょっと失礼」パクッ「!?」

京太郎「んー…確かにフルーツの甘みが強いな…生クリームもう少し甘さ控えめでもいいかもなー…」ムムム

優希「おいこら京太郎!」ゲシッ

京太郎「いって!なんだよ!」

優希「か、勝手に食うな!味が変わっちゃうじゃないか!」

京太郎「はぁ?そんなんで変わるわけないだろ?」

優希「う、うるさぁーい!あっちいけあっちいけ!」ゲシゲシ

京太郎「おわっ蹴んなってわかったから!」ガラガラ ピシャン

優希「……はぁぁ…」ヘナヘナ

優希 チラッ「…京太郎と…間接キス…」

優希「…」パクッ「やっぱり…甘すぎるじぇ…」カァァ

カンッッ