京太郎「和、最近咲の様子が変なんだ・・・」

和「咲さんが・・・?私の目からはいつも通りに見えますけど…例えば?」

京太郎「なんというか、俺を困らせようとしてるように感じるんだよ…」

和「そんな、咲さんに限って・・・」

京太郎「あ、いや、別に可愛いレベルのもんなんだけどさ。飯忘れたり校舎で迷ったり」

京太郎「ただ、その頻度が増したというか、俺がいくら注意しても治らなくて」

和「・・・私達の前ではむしろ優等生な咲さんなのに、何故なんでしょう?」

京太郎「まあ、注意って言っても頭ぐりぐりしたり、頬引っ張ったりしてるだけなんだが」

和「女の子になんてことしてるんですか!」

京太郎「ほ、本気でやっちゃいねえよ!嫌なことすればあいつだって反省するかと・・・」

和「・・・なのに、一向に改善されないんですね?」

京太郎「そのくせ皆の前ではそんな姿を見せない・・・ああもう、わけわからん」

和(・・・咲さんの気持ちを考えれば「須賀君にかまってほしいから」という考えも出来ますが)

和(それにしては少しやり方が強引なような・・・自分もさっきみたいに嫌な思いを・・・)

和(ん?嫌な思い・・・?)

京太郎「あいつあんなおっちょこちょいだったかな~・・・ん、和?」

和(万が一・・・咲さんにとってそれが嫌じゃない行為だったとしたら・・・)

京太郎「和―」

和「・・・須賀君」

京太郎「ん?」

和「今度咲さんを折檻する時・・・表情を注視してはどうでしょう」

京太郎「折檻て。あいつの表情ね…反省してるかどうか見るのもいい手かもな」

和「そ、そうですね…」


――食堂

京太郎「咲―、早く食おうぜ」

咲「うん。あ、お水持ってくる」

京太郎「・・・嫌な予感」


咲「お待たせ・・・あっ」コケッ

バシャアッ

京太郎「・・・・・」

咲「わ、わ、京ちゃんゴメン!!」

京太郎「お前なぁ~~!!」

京太郎(頭グリグリの刑だ!今日はちょっと痛くしてやる!)

咲「うぅ~~~!」

グリグリグリ

京太郎「ほら、少しは反省したか・・・・・・」ピタ

咲「ん・・・?も、もう終わり?」

京太郎「お前・・・今、笑ってなかったか?」

咲「へ!?そ、そんなわけないじゃない!痛くて笑ってる余裕なんか・・・」

京太郎「いや待て。それに今お前「もう終わり」って残念そうに言ったよな・・・」

咲「あ・・・」

京太郎「・・・」

咲「・・・」


沈黙。


京太郎「お前・・・」

咲「・・・」ドキドキ

京太郎「Mだろ」

咲「……」

咲「っ・・・」カァァ

京太郎(……なにこの予想外すぎる展開・・・)



―――

京太郎「咲がドMだったんですがどうしたらいいでしょう」

久「何で私に言うの?」


カン。