憧「輝いてーここ一番ー♪」テクテク

憧「さーて今日も部活頑張りますかー」

憧「ん?部室から声が聞こえる……この声は京太郎と玄!?」

憧「何話してるんだろ……」ドアゴシニキキミミ

―――――

玄「あ、京太郎君……ナカはダメ……」

京太郎「何言ってんですか、ナカしかないでしょ」

玄「ダメだよ、ナカなんて出したらデキちゃうよ!」

京太郎「そうそうデキませんて。ナカでイキますよ!」

玄「ああん、京太郎君!ダメ!ナカはダメー!!」

―――――

憧「ま、ま、まさか!」

バン!

憧「ちょ、ちょっとアンタたち部室で何やってんのよー!!!」

「ロン!バーーーーン!大三元!」

玄「ほらやっぱりー!だから中はダメだって言ったのにー」

京太郎「仕方ないじゃないですかー!こっちだってツモスー張ってたんだから!」

憧「」

玄「あ、憧ちゃんだー」

京太郎「よう憧、何か言ったか?」

憧「……何やってんの?」

京太郎「ネトマやっててさ、玄さんに見てもらってたんだよ」

玄「たった今京太郎君が大三元に振り込んじゃったところなのです」

憧「ナカって……チュンのことかい!何でそんな紛らわしい言い方してんのよ!」

玄「紛らわしいって……何のことかな?」ニヤニヤ

憧「あ、いや、その……と、とにかく変な誤解を生むような言い方は……///」

京太郎「ん?一体どんな誤解したんだ?」ニヤニヤ

憧「あーもううるさい!京太郎と玄のバカ!ヘンタイ!おもちマニア!」

京玄「大・成・功!」

カンッ!