成香「須賀くんは気になったりしませんか。こういうの」

京太郎「こういうのって言うと。ああ、相合傘のこと」

成香「…………」

京太郎「気にしませんよ。何も困りませんから」

成香「そう、なんだ」

京太郎「男と二人で帰るの、先輩は抵抗ありますか。やっぱり」

成香「ごめんね、少しだけ」

京太郎「そっか」

成香「えっと、須賀くんのことが嫌いだとかそういうわけじゃなくて。その」

京太郎「分かってますよ。そんなに慌てなくても大丈夫です」

成香「あう」

京太郎「うちが共学になったのは今年からですし、仕方ないですよ」

成香「そうかな。そうかも」

京太郎「そうです。だから先輩が申し訳なく思う必要なんかありませんよ」

成香「あ、ありがとうございます」

京太郎「…………」

成香「えへへ」

京太郎「まあ、俺としては先輩とも仲良くなりたいですけどね。叶うことなら」

成香「へ」

京太郎「どうかしましたか、先輩」

成香「ななななな、なんでもありません! 些事です!」

京太郎「あはは」
 


成香「もう。誰にでもこうなんですか、須賀くんは」

京太郎「そんなことありませんよ、仲良くしたい人だけです」

成香「それにしては麻雀部の皆にモテてる気がしますけど」

京太郎「へえ、マジでそうだったら嬉しいですけどね。へへ」

成香「揺杏ちゃんなんかメロメロなのに」

京太郎「え、なんですか?」

成香「な、なんでもありません。気にしないで」

京太郎「…………」

成香「…………」

京太郎「雨、強くなってきましたね」

成香「うん」

京太郎「肩口濡らしたりしてませんか。先輩」

成香「す、須賀くんが守ってくれてるから平気。です」

京太郎「そっか」

成香「ごめんなさい。やっぱり少し濡れちゃってるよね、須賀くんは」

京太郎「女の子はそんなこと気にしなくていいんですよ」

成香「…………」

京太郎「…………」

成香「気に、するよ」

京太郎「え?」

成香「私の後輩だもん。大事にするよ」

京太郎「先輩」

成香「だから。だからね」



成香「もうちょっとだけ近付いてもいいかな、なんて」