――清澄部室

咲「えええ!?京ちゃん、白糸台の大星さんと、で、デートするの!?」

京太郎「デートじゃないって。二人で遊びに行くだけだろ」

久「それをデートと言わずして何て言うのよ」

和「ちなみに、どこで遊ぶんですか?」

京太郎「えっと、遊園地って言ってた」

まこ「デートじゃろそれ・・・」

咲「むむむ・・・」

京太郎「・・・何むくれてんだよ咲」

咲「別にむくれてないもんっ」

まこ(露骨に機嫌悪くなったの)

久(まーこんな事あっさり人に話しちゃうあたり心配なさそうだけどねー)

京太郎「そういえば優希は?」

和「補修で居残りです・・・」



――放課後

一緒に帰る京太郎と咲。

咲(鈍い京ちゃんのことだから大丈夫だとは思うけど…やっぱり心配だなぁ)

京太郎「夕方なのにあっちーな~。アイスでも食うか?咲」

咲「買い食いはダメだよ」

京太郎「固いこと言うなよー。俺がおごるからさ、コンビニ寄ろうぜ」

咲「はいはい」


咲「京ちゃん、欲張りすぎだよーアイスだけじゃないじゃない」

京太郎「食べ盛りの男子高校生は腹が減るのだよ。っと、財布取れない」

咲「カバンの中?」

京太郎「おう、取ってくれ」

咲「んー・・・あった」

京太郎「サンキュ。あ、シャー針切らしてた・・・ついでに買っちまお」

咲「え?もー、人に財布持たせて、不用心だなぁ・・・」

咲(・・・財布ってデートに持って行くんだよね・・・)

咲(・・・)

ソーーッ スッ

咲(・・・恋の駆け引きだから、これは!うん!)



――デート当日


淡「きょうたろー、こっちこっちー」

京太郎「おー。ゴメンな、待たせちまったか?」

淡「うーん、少しだけ。楽しみで早く来ちゃった!」

京太郎「俺も早めに来たつもりだったけどなー。不覚を取ったぜ」

淡「ふふん、それじゃ、行こ!」


デート中盤

京太郎「大星、ちょっと疲れたろ?ソフトクリーム食わないか?」

淡「いいね、食べよ!じゃあ・・・」

京太郎「おっと、ここは俺が出すぜ。大星は財布仕舞ってくれ!」

淡「それでかっこつけてるつもりー?でもありがと!」

京太郎「よーし、どれがいい?」

ヒラッ

淡「ん?京太郎、財布からなんか落ちた・・・」

京太郎「おっと、レシートか何かか…」

淡「!!」

京太郎「大星ー、味何にする?」

淡「きょうたろー・・・これ、写真だよ」

京太郎「え?写真?」

淡「宮永さんの写真!財布から落ちたよ!」

京太郎「は?????」

淡「なんで隠してたのさ」

京太郎「いやいや、なんで写真があんのかもわかんねーし…」

淡「現に財布に挟まってたんだからごまかせないよ!」

淡「写真持ち歩くくらい好きな子がいるなら・・・私の誘いなんか断れば良かったじゃない!」

京太郎「待て待て!俺はこの写真を財布に入れた覚えないぞ!」

淡「勝手に浮かれて期待して、バカみたいだよもーー!!」

京太郎「落ち着けよ!頼むから落ち着いてくれ!」

淡「うぅ…」

京太郎「本当に俺は何も知らない。信じてくれ。あー、もう全部信じろとは言わない、とにかく少し冷静になってくれ」

淡「……本当に知らないの?」グシッ

京太郎「ああ」

淡「テルーの妹で、幼馴染なんでしょ?仲良いって聞いてるよ?」

京太郎「確かに仲は悪くないし中学からの付き合いだけどそういう関係じゃない」

淡「・・・」

京太郎「・・・」

淡「・・・うん、京太郎の言うこと、信じる」

京太郎「ほっ…ありがとう。それじゃ、アイス買ってくるから。ちょっと待っててくれ」

淡「うん、チョコがいいな」

京太郎「おう」

淡(・・・京太郎が入れたんじゃないんなら・・・誰かが忍ばせたってことだよね。・・・うーん)

淡「――――!!」ピーーン!

淡(好きな人が自分以外の女の子と会うことになったら・・・私だったら、きっと・・・!なんかしらで牽制しようって思う!)

淡(宮永さんが自分の写真を持たすことでそれをしようとしたってこと・・・!!)

淡(つまりこれは…)

京太郎「お待たせー」

淡「宣戦布告だよっ!!」

京太郎「何が!?」



その後、淡が清澄に殴り込んだのは別の話。