揺杏「ゆあーん、ゆよーん、ゆやゆよん」

京太郎「なんですか、いきなり」

揺杏「なんとなく口をついて出たの。なんだっけ、このフレーズ」

京太郎「自信はないですけど、中原中也だったかな。多分」

揺杏「ああ、きっとそれだ。現国の授業でやったんだよね、随分前に」

京太郎「たしか、ブランコの揺れる擬態語なんでしたっけ。ゆあん、ゆよんって」

揺杏「…………」

京太郎「岩館先輩?」

揺杏「そそそ、そうそう! サーカスのブランコがこう、行ったり来たりね!」

京太郎「ああ、空中ブランコ」

揺杏「このブランコだと、ちょっと聞けそうにないかな」

京太郎「ぎいぎい鳴くのが関の山ですかね。こんな風に」

揺杏「おお、速いはやい。もしかしてブランコ漕ぐの上手い? 須賀くん」

京太郎「こういうのも昔取った杵柄って言うのかな? はは」

揺杏「ナイス着地」

京太郎「子どもの頃はこれやると怒られたっけ。懐かしいな」

揺杏「よし、一丁私も童心に帰るか!」

京太郎「大丈夫ですか、立ち漕ぎなんて」

揺杏「心配ご無用! これでも小学生の頃は立ち漕ぎの揺杏ちゃんって呼ばれてたし!」

京太郎「それはかなり元気なお子さまですね」

揺杏「ゆあーん、ゆよーん! ゆやゆよん!」

京太郎「い、岩館先輩。もう少しスピードを落とした方がいいんじゃ」

揺杏「何言ってるの、まだまだこれからでしょ!」

京太郎「見えちゃってます」

揺杏「え?」

京太郎「だから、見えちゃってるんです。パンツ、黒スト越しですけど」

揺杏「」

京太郎「ちょっと先輩、そんなところで手を離したら!」

揺杏「きゃあああああ!?」


-----

揺杏「えっと、災難だったね?」

京太郎「そうですね、岩館先輩には怪我がなくて何よりです」

揺杏「だからごめんってば! 受け止めてくれて助かったよ、ありがと」

京太郎「…………」

揺杏「須賀くん」

京太郎「先輩にそんな顔されたら誰も怒れませんよ。もう気にしないでください」

揺杏「…………」

京太郎「俺も良い物見せてもらいましたし、それでチャラってことで」

揺杏「良い物?」

京太郎「あはは」

揺杏「…………」

京太郎「…………」

揺杏「え、えっち」