設定だけ作って投下しなかったネタ投下




「ふぁぁ……」

「どうしたんだよ咲? やけに眠そうだな。」

「あ、うん、最近怖い夢ばっか見て寝付けないんだ……」

「怖い夢? どんな?」

「んー、よく覚えてないんだけど怪物に追われる夢、かな?」

「あんまりはっきりしないんだな。」

「だって夢の中の出来事だし……」

「まぁそれより今の内に寝とけよ、部活始まったら起こしてやるから。」

「うん、ありがとうね、京ちゃん。」


眠る少女に肩を貸す少年。

オカルトを持った少女に悪夢が忍び寄る。

少女は悪夢に追い掛け回され、ただ只管に夢の中を走り続けていた。


「はぁ……はぁ……なんで……なんでまたこの夢なの!?」


逃げ惑う少女に化け物が追いつく。

化け物が少女に襲い掛かろうとした時、男の声が聞こえた。


「変身。」


闇と共に現れた仮面の騎士。

豪奢な鎧飾りに顔をすっぽり覆った仮面。

手には人の身長ほどもある大鎌。


「さぁ、悪い夢から覚める時間だ。」


仮面の騎士がクルクルと大鎌を回しながら言った後。

構えて、居合いを放った。

まるで悪夢を引き裂くように。

一閃が放たれると化け物は断末魔と共に消えていった。

仮面の騎士が少女に告げる。


「もう咲が悪い夢を見ることはない。」

「それでは良い夢を……」


そう言った仮面の騎士は少女の頭を撫でた。

手から伝わる温度を反芻している。

そこで少女が目覚めた。

目の中に飛び込んできたのは金髪の少年の顔。


「お目覚めですか? お姫様。」

「う、うん。」


突然のことで赤面する少女。

夢で見たことを少年に話す。

少女が再び悪夢を見ることは無かった。

少女がぽつりと呟いた、だがその言葉は仮面の騎士に届いたかはわからない。


「ありがとう、夢の中の騎士さん。」


《ナイトメアライダー》


カン