龍門渕家

京太郎「あ゛ー…今日も疲れたー…何この仕事量…」フラフラ

純「おっつかれさん」ピトッ

京太郎「わひゃいっ!?…って純さんですか…心臓に悪いんでやめてくださいよ…」

純「へへっわりーわりー。疲れてんだろうなって思ってな。ほれ、オレのおごり」ヒョイッ

京太郎「おぉ、ありがたや…さすが純ニキ…」オズオズ

純「…やっぱやめた」スッ

京太郎「なんと…!」スカッ

純「お前にだけは男扱いして欲しくなかったんだけどなー」チラッ

京太郎「…そう言うくせに女扱いしたら照れ隠しにヘッドロックかましてきたの誰でしたっけ?」

純「ぬぐっ…」

京太郎「しかも初対面でそうした上に『恥ずかしいから男友達のように扱ってくれ!』ってお願いしてきましたよね?あの時の純さんは真っ赤で可愛かったなぁ…」

純「う、うるせー!オレ的にはいろいろ複雑なんだよ!」プイッ

京太郎「ははは、わかってますって。どこでも女扱いされてなかったから慣れてなかったんですよねー」ナデナデ

純「ちょっ勝手に撫でん」「でもね」ギュッ「っ」ビクッ

京太郎「俺にとっては最初から今まで…ずっと可愛い女の子ですよ」ボソッ

純「きょう…たろう」「だからこのジュースはもらいますね」ヒョイ「…ん?」

京太郎「んぐっ…んぐっ…プハー!やっぱうめーなコレ!仕事の後ってのがまたね!」

純「京太郎…テメェ…」プルプル

京太郎「ふふ、すみませんね。ついからかいたくなっちゃって」ギュッ

純「…今度はなんだよ」ムスッ

京太郎「謝罪と誠意を見せようかなと」スッ

純「だから何を…んっ…」チュ

京太郎「ちゅ、ん…ぷはっ…伝わりました?」ニコッ

純「…甘い」カァァ

京太郎「ジュース飲みましたからね。甘いのはお嫌いですか?」

純「嫌いじゃねぇよ…」ボソッ

京太郎「じゃあもっと甘やかしてあげますよ…お部屋に行きましょうか、お姫様?」

純「ん…優しく頼む…」トサッ

京太郎「もちろん、仰せのままに」

―――――

翌日、妙に顔の赤い純と妙に笑顔の京太郎がいたとかいなかったとか…

一「純くんすごいねー」

透華「私は京太郎の方がすごいと思うのですが…」

衣「二人はなんのことを言ってるのだ?衣にもわかるように説明しろ!」

智紀「衣、お菓子あげる…」

ハギヨシ「おやおや、仕事にミスが出なければいいのですが…はてさて」

カンッ

関係ないけど変換すると「潤さん」が真っ先に出てくる
人類最強ってすごい。改めてそう思った
とにかく純さん誕生日おめでとうございます