穏乃「京太郎、まだ起きてる?」ユサユサ

京太郎「寝てる」

穏乃「京太郎~……」ユッサユッサ

京太郎「あーもう分かった悪かった冗談だよ。起きてるって」

穏乃「えへへ、良かったー」

京太郎「早く寝ないと明日の練習が辛くなるぞ?」

穏乃「でも京太郎と一緒にいられない方が辛いもん」モゾモゾ

京太郎「ちょ、やめろ馬鹿。布団に入ってくんなよ」

穏乃「もう遅いよっ」スッポリ

京太郎「お前なぁ……」

穏乃「京太郎は私とこうしてるの、いや?」

京太郎「……逆だよ」

穏乃「へ? ひゃんっ!?」

京太郎「あんまり近くにいられると、我慢できなくなる」

穏乃「ぅー……京太郎のえっち」

京太郎「男の布団に潜り込む奴に言われたくない」

穏乃「もっと普通に、おしゃべりかなんかしようよ。夜は長いんだしさ」

京太郎「いつまで起きてるつもりだよ……自分の布団に帰れって」

穏乃「そんなこと言って~」ニコニコ

京太郎「なんだよ?」

穏乃「私を抱き締めて離してくれないのは、どこの誰かな?」

京太郎「……さーな」ギュー



自給自足!(プンスコ)