京太郎「お前のこと好きだったんだぜ…あんまり好かれてないってのは、なんとなく分かってたけど」

京太郎「必死に努力した…何としてでもお前を振り向かせたかった…」

京太郎「なのにお前はあいつらばっかり…俺の事なんかまるで眼中にも入ってません、ってか?……ふざけんなよ!」

京太郎「だから、咲を、みんなを、清澄麻雀部を引っ掻き回してめちゃくちゃにしてやったのさ!」

京太郎「ハハッ、みんなもうお前の顔なんて見たくもないってよ!」

京太郎「どうだ、愛してる奴に見向きもされない気分はよ…!!」

京太郎「……ッ!!この後に及んでも無視してんじゃねぇ!」

京太郎「黙ってないでなんとか言えよ!!」

牌「………」