京太郎「ふむふむ……宮守の小瀬川さんのおもちすばらだったなぁ……」

須賀父「さすが我が息子だ、シロに目をつけるとはな」

京太郎「うおっ! 急にだれだ……って親父っ!!」

須賀母「わたしもいるわよ!」

京太郎「母さんまで! 2人とも一体どうして……」

須賀父「娘の晴れ舞台を見に来た」

須賀母「同じく」

京太郎「はっ!? 娘ってなに??」

須賀母「小瀬川白望は私の娘よ、あんたとは種違いだけど」

須賀父「白糸台のは大星淡は俺の娘だ、お前とは腹違いだけど」

京太郎「いや、なんだそりゃ!? もう頭パンクしそうなんだけど!!」

須賀父「まあそういうと思って……入ってこーい!」

白望「こんな時間に呼び出して……ダルい……」

淡「もう、これから遊びに行きたかったのに! お父さん一体なんなのっ!」

須賀父「じゃあ簡単に説明するぞ、えっと……」


白望「なにそれ……ダルいってレベルじゃないんだけど……」

淡「あははー、ちょっと高校100年生の淡ちゃんでも処理しきれないかなー」

須賀母「じゃあ3人で後は話してなさい、ちょっと東京でショタ子探してくるから」

須賀父「俺もかわいい女の子買いにいくから、ばいばーい!」

京太郎「おい待って……行っちゃったよ……」  

京太郎「えっと……とりあえず自己紹介でもしましょうか?」

京太郎(この2人めっちゃかわいいな……近姦か……アリだな!)

白望「ダルいけどしかたないか……」

白望(これ弟なのか……かっこいいし好みだな……家族でもいいよね? 食べたいな……)

淡「いきなり困ったよね~まったくあの親は……」

淡(きゃーっ! なにこいつめっちゃかっこいいじゃん! でもお兄ちゃんか弟だよね? むしろそそるっ!)

京太郎「俺は須賀京太郎で……」

----------------------------------------

淡「白望がお姉ちゃんできょーたろーは弟なのか……いいじゃん!」

白望「弟に妹か……家族が増えたって考えたら悪くはないかな……」

京太郎「ふあぁ……流石に夜遅いし眠いですね」

白望「なら寝ようか……」

淡「じゃあ新しい家族の親睦を深めるために一緒に寝ましょう!」


京太郎「2人ともそんなに抱きついて……てか帰らなくて平気なの?」

京太郎(左右にサイズの違うおもちが……やばい食べちゃいたい)

白望「連絡はしてある……それに家族なんだから問題ない……」ギューッ

白望(胸で押せばすぐに堕ちるはず……大きさには自信あるし……)

淡「そうだよ! 家族なんだから一緒に寝るのは当たり前!」ギューッ

淡(ふふふ……淡ちゃんの美乳を押し付けてやれば男なんていちころなのだ!)

京太郎「あの、さっきまで他人だった女の子にこうも近づかれると理性がですね……」

淡「なになに!? 淡ちゃんを食べたいの? 私はいつでもおっけーだよ!」

白望「弟の性処理は姉の仕事……食べてもいいよ?」

京太郎「なら……いただきます」

-------------------------------------------

チュン…チュン…

京太郎「ぐごー……おもちぃ……」マッパ

淡「んっ……もうはいらにゃ……」マッパ

白望「むにゃぁ……ダル……」マッパ

須賀父「流石は俺達の子供だな……一晩でこうとは……」

須賀母「あらあら……2人同時なんて大食いねこの子は……あなたに似たのかしら?」

京太郎「ぐへへ……近姦って……最高だぜぇ……」ムニャムニャ…

カン!