照「私、京ちゃんと寝たの」

咲「え? 今――何て、言ったの?」

照「だから、私京ちゃんと寝たの」

咲「ど、どうしてっ。ひどい、ひどいよお姉ちゃん! 京ちゃんが
私の恋人だって知ってるのに、どうして……!」

照「いつも……いつも咲ばっかりじゃない! いつだって、貴女は
何でも自分のものにして! 麻雀も、何もかも貴女のものなら、
好きな人くらい捨ててよ! 貴女にとって、京ちゃんなんてただの
アクセサリでしょ!? 私は違う! 私は、私は京ちゃんがいれば
何にも要らない! 麻雀も、タイトルも、何もかも捨てる!」

咲「……!」パンッ!!