咲「あれ京ちゃん、このポスター……」

京太郎「いいだろう?牌のお姉さん瑞原はやりプロのポスターだぜ!」

咲「京ちゃん、瑞原プロ好きなの?」

京太郎「いやあ、俺も雀士だしな。トッププロに憧れるのは当たり前だろ?」

咲「……」

京太郎「な、なんだよ」

咲「瑞原プロって胸大きいよね、美人だし」

京太郎「だろう!?世の中には瑞原プロがキツいとか言う奴もいるけど、あんなに童顔なら全然問題ないと俺は思うんだ!しかも童顔なのにあの胸だぜ!?いや、もし本物に会えたら俺感激して泣いちまうよ!」

咲「京ちゃん……」

京太郎「はっ」

咲「じー……」

京太郎「う、うぐっ……」

咲「何か言う事は?」

京太郎「は、はやりん最こ……」

咲「京ちゃんのバカ!麻雀楽しませてやるんだからー!」ゴッ

京太郎「うわああああ!?」


実際京太郎ははやりん好きな方だと思うんだ