京太郎「もうやめましょう、こんなこと」

怜「聞かなかったことにしたる。次はないから」

京太郎「園城寺さん」

怜「やめるも何も、そういう約束やろ。今さら何言うてん」

京太郎「それは」

怜「京太郎はうちと寝る。うちは京太郎と竜華の仲を応援する」

京太郎「…………」

怜「互いに損のない話や。何が不満なのか分からんわ」

京太郎「損とか得とか、そういう話じゃないですよ」

怜「今さら綺麗ごと言われても困るわ。うちを今まであれだけ抱いて、自分一人で潔白か」

京太郎「…………」

怜「それとも何、竜華のことはもうええの」

京太郎「よくない。けど」

怜「せやったら、今どうすべきか分かるやろ。なあ」

京太郎「…………」

怜「セックスして。いつもみたいに」

京太郎「…………」

怜「くだらんこと全部忘れようや」

京太郎「できません」

怜「まだ言うか。せやからな、京太郎?」

京太郎「竜華さんと、お付き合いすることになりました」

怜「…………」

京太郎「…………」

怜「あ?」

京太郎「だから。園城寺さんとはこれ以上、もう」

怜「何言うてん」

京太郎「恋人を、竜華さんを裏切りたくないんです」

怜「うるさい」

京太郎「本当にごめんなさい」

怜「うるさい!」


京太郎「…………」

怜「バラす」

京太郎「え」

怜「竜華にバラしたる言うてんねん。うちとしたこと、全部」

京太郎「何言ってるんですか、そんなことしたら」

怜「全部台無しにしたる。京太郎だけ幸せになるなんて絶対許さへん」

京太郎「園城寺さん、俺」

怜「違うやろ」

京太郎「…………」

怜「…………」

京太郎「怜、さん」

怜「なんや、京太郎」

京太郎「竜華さんには俺たちのこと秘密にしてください」

怜「いやや言うたら?」

京太郎「お願いします。どうしても知られるわけにはいかないんです」

怜「ハハ、結局裏切るんや。あの子のこと」

京太郎「…………」

怜「ええよ」

京太郎「え」

怜「黙ってたる言うてんねん。うちとの関係、竜華には」

京太郎「それって」

怜「なんや嬉しそうやないな。うちのこと、これからもまた抱ける言うのに」

京太郎「…………」

怜「まあええわ。これに懲りたらもう変な気起こすんやないで、京太郎」

京太郎「…………」

怜「絶対に逃がさへんから」

-----

「ただいま電話に出ることができません。ピーという発信音の後にお名前とご用件を」

竜華「京太郎、寝てるんかな」