智葉「遅れてすまない、少しばかり野暮用があってな」

京太郎「お疲れさまです」

智葉「え、なんでパンツ一丁?」

京太郎「そこのちびっこギャングにいじめられまして」

ネリー「脱衣麻雀だよ。京太郎はのこり千点」

智葉「なんだ、お前の自業自得じゃないか。呆れたな」

明華「最後の一枚を脱がすのは私のようですね。爆裂貫通弾リーチ」

ハオ(ここで場の支配とは、脱衣にかける情熱がまるで違いますね)

京太郎(あ、これやば)

明華「ロン。これで京太郎くんのトビですね。ふふ」

京太郎「」

明華「にっこり」

京太郎「助けて! 誰か男の人呼んで!」

智葉「たとえマネージャーでも勝負に負けて泣き言は言いっこなしだろ。諦めろ」

メガン「残念ながら当然でスネ。念のため私が抑えておきまショウ」

京太郎「ちくしょう! 俺はただおっぱいが見たかっただけなのに!」

明華「そう思ってこちらに全裸の明華先輩を用意しましたよ。洋服はワンタッチ式です」

京太郎「おいおい弾道上がっちゃったよ。どうしよう、すごく悔しい」

明華「しっかりテントが張りましたね。京太郎くん、トランクスから手を離してください」

京太郎「あの、どうしても脱がなきゃいけませんか」

明華(無論)

京太郎「顔に書いてる! お手本みたいなアルカイックスマイル!」

明華「まあ、でも京太郎くんがそこまで嫌がるのでしたら」

京太郎「あ、もしかしてちんちん見せなくていいんですか! やったー!」

明華「まずは前菜をいただきましょうか。きれいな色ですね、京太郎くんの乳首」

京太郎「おかしくね!? だめ、乳首だめ! ああっ!」

明華「ちゅう、ちうちう」

京太郎「あ、あああ、んや、やあっ!」

智葉「おい、止めなくていいのか。あのままだと京太郎が乳首服従してしまうぞ」

ネリー「たしかにそれは面白くないな。片方もらってくるね」

ハオ「男性の乳首をそんな! え、そこまでしちゃうんですか!?」

智葉「ダメそうだな」

京太郎「一人に二人で襲い掛かって、んあ、恥ずかしくないんですか! ひうっ」

ネリー「ここをこんなに元気にしてるキョウタロには言われたくないかな」

明華「女性にいじめられて下着に恥ずかしい染みを作ってるんですもの。ねえ?」

ネリー「んふふ、京太郎のおっぱい。おいひ」

明華「んちゅ。ちうちう、ぢう」

京太郎「だめ、いや、んあっ、あ、ひゃ、ああっ!」

明華「切ない顔ですねえ、京太郎くん。どうしてほしいですか?」

京太郎「もう、やめて。ください」

明華「下着、脱がせても構いませんか?」

京太郎「それは」

ネリー「ちゅ」

京太郎「わかりました! わかりましたから、もう」

明華「たしかに聞きましたよ。ネリー、乳首への愛撫はやめです」

ネリー「ええ? 仕方ないなあ」

京太郎「…………」

明華「京太郎くん」

京太郎「ひゃい!?」

明華「どうかしましたか。もしかして、私たちの舌が名残惜しいとか」

ネリー「そうなの?」

京太郎「そ、そんな訳ない。です」

明華「下着を見れば分かりますよ。京太郎くん、ちゃんと気持ちよくなったんですね」

京太郎「…………」

明華「可愛いですよ」

京太郎「もう、許して」

明華「許してあげません。どんなに甘えた声を出しても、約束は約束です」

京太郎「そんな」

明華「これだけ焦らされ続けて今さら我慢なんてできませんから。もういいですよね」

京太郎「あっ!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)