―新子家

憧「ねぇ京太郎、もう新聞とったー?」

京太郎「おー。ていうか今俺が読んでるけどな」

憧「そ。じゃあ洗濯物畳んでるから終わったら貸してねー」

京太郎「ほいほい」ペラッ

憧「~♪」パタパタ

京太郎「…ん、ほれ」ヒョイ

憧「ありがと。グッドタイミングよ」パシッ

京太郎「合わせただけなんだがな…それじゃこれは俺が直しとくな」スクッ

憧「ん、おねが~い」ペラッ

京太郎「しかし下着とかも俺が直していいのか?」

憧「もう今更でしょ?さんざん恥ずかしいところ見せ合ってきたわけだし」ペラッ

京太郎「そんな露骨なこと言うなよ…ゲンナリするだろ」ゲンナリ

憧「有言実行でいいじゃない。そういうところ、好きよ?」クスクス

京太郎「うるせーやい、どうせ俺は雑な好きでも喜んじゃう単純な男だよーっと」スタスタ

憧「ふふふ…バカみたい」

<ナーアコー?

憧「んー?なーにー?」ペラッ

<オレモオマエノソーユートコロガスキダゾー

憧「ふきゅっ!?」グシャッ

<ア、アトソンナカンジニフイウチニハヨワイトコロモナ…プフフッ…

憧「う、うっさいわよバカー!」ウガー!

カンッ