―高鴨家

穏乃「…」セイザ

京太郎「…」セイザ

穏乃「…」モゾモゾ

京太郎「…」

穏乃「…あの」モゾモゾ「動くな」「はい」ピタッ

京太郎「…で、ついさっき何を食べていらっしゃったんですか?た・か・か・も・さん?」

穏乃「え?穏乃って呼んでくれな」「喋るな」「うぅ…」グスッ

京太郎「もう一度聞く。さっき何を食ってた?」

穏乃「…和菓子です」

京太郎「ほう。それはどこにあった?」

穏乃「…台所」

京太郎「なんで食べた?」

穏乃「…お腹が、空いていたので…」

京太郎「…俺は確か昨日、これは売り物用に置いてあるから食うなって言ってたよな?」

穏乃「…はい」
 


京太郎「ほほー?わかっていながら食ったと?」

穏乃「ごめんなさぁい…」グスッ

京太郎「こんなこったろうと思って予備作っといてよかったぜ…」ハァ

穏乃「う゛ー…本当にごめんなさい京太郎…」グスグス

京太郎「まあ書き置きしとくべきではあったかもな…反省したみたいだし許してやる。ほら、こっち来い」カムカム

穏乃「う゛ぇ゛ぇ゛…京太郎すごく怖かったよぉ…」ギュー

京太郎「俺だって怒りたかないさ。でもきっちりしとかないといかんだろ?反省できたならもうしないよな?」ナデナデ

穏乃「うん…絶対しない。もう京太郎に怒られたくない…怖いし…」スリスリ

京太郎「よしよし。今日はちゃんと手伝ったらあまりを食わせてやっからしっかりな?」

穏乃「うん…頑張る…」

京太郎「よっしゃ、そんじゃ顔洗ってきな」ポンポン

穏乃「うん…ごめんね…」

京太郎「気にすんなよ。もうしなけりゃいいんだから。んじゃ俺はもっかい仕込みに…」スタスタ

穏乃「…ね、京太郎」

京太郎「ん?」クルッ

穏乃「…大好き!」ニコッ

京太郎「…俺もだよバカ」ポリポリ

―――――

穏乃母「私たちより扱い上手いわねぇ…」

穏乃父「俺は穏乃の夫としては認めん!あいつ以外は!」

穏乃母「なんですかその中途半端な倒置法…」

穏乃父「…気にするな!」

カンッ