灼「須賀くん。ボウリングを教えられて」

京太郎「今とても斬新な日本語が聞こえましたが幻聴でしょうか」

灼「教えられて」

京太郎「幻聴ではなかった」

灼「須賀くんに私の闘牌スタイルを伝授したい」

京太郎「それはありがたいんですけど……オカルトって学んで使えるものなんですか?」

灼「ボウリングが上達すれば自然と身につく」

京太郎「麻雀とは一体」

灼「とにかく土日はうちのボウリング場でマンツーマン指導」

京太郎「うむむ、麻雀が強くなる為なら致し方なし」

灼「その後はうちでご飯食べてって」

京太郎「御相伴に預かります」



憧「……ね、あれデートに誘ってんの?」

レジェンド「誘ってるねぇ」

宥「しゃくねつー」