―営業中…

宥「京太郎くん…もっとこっち…」

京太郎「はいはい…」

宥「あったか~い♪」ギュー

京太郎「まだ仕事が残ってるんでできれば離れて欲しいんですけどね…」

宥「邪魔しないから大丈夫だよぉ~」ホワホワ

京太郎「会計仕事だし集中したいので離れてくれませ」「却下」「はい」

宥「わかってくれたならいいの…」グリグリ

京太郎(なんだかなぁ…)パチッ カタカタカタ ピッ

ガラッ

玄「京太郎くー…んとお姉ちゃん、お昼ご飯、です、ょー…」ススス

京太郎「ちょっと待ってなんで閉めていくんですか!」

玄「いやー、お邪魔かなーって…」

宥「…」ジー

玄(あとお姉ちゃんが「この松美宥容赦せん!」みたいな目をしてて怖いから)

京太郎「そんなことはないですけど…宥さん、ご飯食べに行きましょう」

宥「うん…」ギュー

京太郎「…あの、離れてくれません?」

宥「お姉ちゃんそんなこと言われてもわかりません…」ギュー

京太郎「なぜ更に力を込める」

宥「寒いからぁぁぁ…」ムギュー

玄(潰れおもち…)グッ

京太郎「ギャームネガー!」バタバタ

宥「うぅ~…」ブルブル

玄「あ!そうだ!」

―――――

宥「おいひ~ぃ♪」モキュモキュ

京太郎「玄さんが機転効かせて持ってきたおかげでなんとかなったけど…」

―玄「ではあとは若い二人で…人払いはおまかせあれ!」ドヤッ

京太郎「意図を察するのが怖い…」

宥「京太郎くん、お箸止まってるよ?」モキュモキュ

京太郎「あ、そうですね」モグモグ

宥「館長さんのお仕事…頑張ってくれるのはありがたいけど無理はしないでね…?」

京太郎「無理はしてないですよ?…まぁ板前志望だったんで全然勉強してなくて大変だったんですけども…」

宥「ごめんね…?玄ちゃんに少しでも楽させてあげたくて…」

京太郎「気にしてませんよ。慣れると割と楽しいもんですしね」

宥「ありがとう…」

京太郎「いえいえ…でも離れてはくれないんですね?」

宥「もちろん♪」ギュー

京太郎「不幸だ…(結婚しy…した)」


―営業終了…

京太郎「ふぃー…お疲れ様でした…」

玄「お疲れ様ー」

京太郎「どこも特に異常なしですね…」

玄「ふふふ、古くても丈夫なものばかりなのですよ!」

京太郎「じゃあ俺たちも上がっちゃいましょうか」

玄「了解なのです!お姉ちゃん(のおもち)待っててね!今すぐ一緒にお風呂に入ってあげるから!」バヒューン

京太郎「はやっ!?…仲がいいんだなぁ…」<オモチー!ク、クロチャ…イヤーーー!!「…いいのか?」

―――――

玄「争いは…無益だね…」ホクホク

宥「…」くすん

京太郎「あはは…」タラー

玄「お姉ちゃんを堪能したことだし私はもう寝るねー?おやすみー」スタスタ

京太郎「お休みなさい玄さん」

宥「うー…」グスグス

京太郎「ああもう…泣きやめー泣きやめー」ナデナデ

宥「…あったかい」ホワン

京太郎「今日はもう寝ましょうね?」ナデナデ

宥「…うん」キュッ

京太郎「お休みなさい、宥さん」

宥「おやすみ…京太郎くん」ギュッ

京太郎(寝れぬ)

こうして今日も夜は更ける…

玄(出せよ!!手を!!早く!!)ジー

カンッ


この京太郎は童貞。はっきりわかんだね。