誓子「あのさ、爽ちゃんと京太郎くんは付き合ってるの?」

京太郎「え?」

爽「付き合ってないよ。京太郎は私の弟分。知ってるでしょ」

誓子「それはそうだけど、最近は仲が良すぎるような気がするの」

揺杏「それ思った。一線越えてる感じがあるよ、完全に」

爽「ないない。大体、京太郎は他に好きな子いるしな?」

京太郎「ちょっと、それは言わない約束ですよ」

爽「ハハ、悪い悪い。それはそうと、ちゃんと回してよ。腕」

京太郎「ああ、ごめんなさい」

成香「えっと、しっかり抱き締めあってますよね。今も」

爽「ええ? ああ、京太郎にくっついてるとなんか落ち着くんだよね」

京太郎「俺は抱き枕かなんかですか。別にいいけど」

揺杏「ダメだこれ。まるでお話にならないわ」

由暉子「京太郎くん、一ついいですか」

京太郎「なんだ?」

由暉子「仲さえ良ければ誰とでもそんな風に抱き合うんですか。京太郎くんは」

揺杏「ユキ、相変わらず鋭い突っ込み方だな」

京太郎「どうだろう。考えたこともないよ、そんなこと」

爽「おいおい、抱っこしちゃうのかい? 先輩以外の女の子を」

京太郎「あれ、ヤキモチですか」

爽「ハハ、冗談よせやい。どんどん抱っこすればいいよ」

由暉子「先輩のゴーサインも出たことですし、どうでしょう。試しに私を抱いてみては」

京太郎「へ」

揺杏「ユキめ、なかなかやるな」

由暉子「京太郎くん、私たちは仲良しです。主観的にも客観的にも」

京太郎「あ、ああ。たしかにそれはそうなんだけど。俺がユキを抱っこするのか」

由暉子「いけませんか」

京太郎「…………」

由暉子「…………」

爽「京太郎、おちんちんが硬くなってるぞ。オープンスケベめ」

成香「うわわ」

京太郎「仕方ないでしょう! だってユキですよ、ユキ!」

爽「京太郎のおっぱい星人。神妙にしろ、このこの」

京太郎「ちょっと、くすぐったいですって!」

由暉子「私としてはそういう状態でも一向に構いませんが」

誓子「えっと、それはどうなんだろ」

揺杏「とにかく一度試してみたらいいんじゃない? なんか面白そうだしさ」

由暉子「そういうことですので、先輩。京太郎くんから下りていただけますか」

爽「ええ? ま、仕方ないか」

京太郎「ホントにやるんだ」

由暉子「身を委ねてくれれば天井のシミを数えている内に終わりますよ」

揺杏「おいおい、なんだかユキが穏やかじゃないよ。大丈夫かな」
 


由暉子「よいしょ」

京太郎「…………」

由暉子「…………」

京太郎「あのさ、ユキ」

由暉子「なんでしょうか」

京太郎「腰の動かし方がめちゃめちゃエロい。勘弁してくれ」

由暉子「んっ、ふふ。そうは言っても京太郎くんのここは正直ですよ」

京太郎「どうしよう言い返せない! おっぱいすごい柔らかい!」

由暉子「あんっ」

成香「これ完全に入ってますよね」

誓子「それは分からないけど、変なスイッチは入っちゃったみたいね」

爽(ううん、いざ目の前にしてみるとちょっと面白くないな。なんでだろ)

京太郎「ユキ、そろそろマジで許してくれ。これ以上はいけない」

由暉子「承知の上でいけないことをしてるんです、今さらでしょう」

京太郎「いけないことでイっちゃいそうだからマズいんだって!」

由暉子「いいですよ。制服越しの女性器にたくさん出してください」

京太郎「なんでいちいち想像力を掻き立てるようなこと言うの!?」

由暉子「あん、んあっ、ん、ふあ、やん、やあんっ」

京太郎(2、3、5、7、11、13、17、19、23、29、31、37、41、43、47)

由暉子「京太郎、くん」

京太郎(53、59、61、67、71、73、79、83、89、97)

由暉子「赤ちゃんの素。由暉子のナカに、いっぱいちょうだい?」

京太郎「あっ」

爽「え?」

京太郎「…………」

爽「…………」

誓子「…………」

揺杏「…………」

成香「え?」

由暉子「ふふん」


-----

京太郎「まさか学校のトイレでパンツを洗うことになるとは思いませんでした」

爽「そのことについてはユキも謝ってたし許してあげなよ」

京太郎「相変わらず慇懃無礼な感じでしたけどね。パンツも持ってかれたし」

爽「それで今はユキのパンツを穿いてるんだっけ。あれだ、サッカー選手だ?」

京太郎「サッカー選手が嫌いなのか!?」

爽「ま、役得ってことで手打ちにしとこうよ。チカだってきっと」

京太郎「きっと?」

爽「いや、やっぱりドン引きしてたわ。儚く散ったな、京太郎の恋」

京太郎「ですよね!」

爽「なに、きっとまた新しい恋が見つかるさ。そんなにメソメソしないでよ」

京太郎「そうやってまた無責任なこと言って」

爽「景気付けに寄り道して帰ろうよ。今日はお姉さんの奢りだ!」

京太郎「…………」

爽「な?」

京太郎「…………」

爽「…………」

京太郎「ありがと」

爽「よし決まり! 駅前のマックで朝までシェイクを飲み明かそう!」

京太郎「補導されますよ! もう」

爽「あはは!」