京太郎「どうも、お疲れさまです」

智葉「おう、お疲れさん。今日は牌譜整理を中心に働いてくれ」

京太郎「…………」

智葉「京太郎、どうかしたのか」

京太郎「い、いえ! マネージャー須賀、今日も頑張ります!」

-----

京太郎「あの、どういうことなんでしょうか。あれは」

メガン「それが、私にも何がなんダカ。京太郎に聞こうかと思ってたくらいデス」

京太郎「メグ先輩にも分からないとなると、これはますます気になりますね」

メガン「ええ、由々しき事態デス。原因を突き止めなくてはいけまセン」

京太郎「そうですね。いったい何故なのか」

((何故、智葉部長がツインテールになっているのか))

智葉「うん? 二人してどうしたんだ、人の顔をジロジロと」

メガン「エ!?」

京太郎「いえ、特にどうということはありませんよ! ただ今日も美人だなと思いまして!」

智葉「そ、そうか。なんだ。悪い気はしないが、集中しろよ?」

京太郎「あいわかりました!」


メガン「…………」

京太郎「…………」

メガン「プレイボーイ」

京太郎「うるさいです! 誤魔化せたんだからいいじゃないですか」

メガン「なんとかバレずに済みましたが少し疑われてしまいましたネ」

京太郎「さっきから智葉さんもチラチラこっち見てますよね」

メガン「これは困りまシタ」

ネリー「みんな、お疲れさま!」

京太郎「参ったな。どうしても原因を突き止めなきゃいけないのに」

ネリー「あれ、サトハがツインテにしてる! 珍しい」

メガン「ド直球で聞きに行っタ!?」

智葉「ああ。可愛いかと思って結ったんだが、どうだろう」

京太郎「普通の女の子らしい理由だった!? 出入り化粧とかじゃないんだ!?」

ネリー「すごく可愛いよ!」

智葉「ありがとう。あとお前ら全部聞こえてるからな。後で死なす」

((!?))