京太郎「今日はハオ一人だけなんだな。皆は出かけてるのか?」

ハオ「ネリーと明華さんは駄菓子屋へ行きましたよ。三年生は監督と打ち合わせです」

-----

駄菓子屋のおばちゃん「全部で三百万円だよ」

ネリー「内臓を売るしか!?」

明華「おやおやぁ」

-----

京太郎「そっか。なんか新鮮だな、ハオと二人きりって」

ハオ「たしかにそうですね。言われてみれば」

京太郎「普段はネリーや明華さんにからかわれてばかりだからな、俺」

ハオ「ふふ。モテモテですからね、京太郎は」

京太郎「よしてくれよ。二人とも面白がってるだけだって」

ハオ「どうでしょう」

京太郎「きっとそうだよ。その点ハオは話しやすくて助かるぜ」

ハオ「へ」

京太郎「別に、だからネリーや明華さんがダメってわけじゃないんだけどな」

ハオ「そっか、そっかそっかそっか。話しやすいか。そうなんだ」

京太郎「…………」

ハオ「えへへ」

京太郎「ハオ?」

ハオ「ふきゅ!? ななななな、なんですか京太郎!」

京太郎「いや、なんかボーっとしてたから。体調でも悪いのか?」

ハオ「いえいえ! いたって健康優良児です! 健やかふくよか!」

京太郎「でもなんか顔が赤いし」

ハオ「私、トマトがとっても大好きなんです!」

京太郎「それならいいけどさ。体調が悪かったらちゃんと言ってくれよな」

ハオ「きょ、京太郎は」

京太郎「うん?」

ハオ「京太郎は、私の体調が悪いと心配ですか?」

京太郎「部員のコンディションを管理するのもマネージャーの仕事だからな」

ハオ「それだけ、なんだ」

京太郎「え?」

ハオ「マネージャーじゃなかったら、心配してくれませんか」

京太郎「ハオ」

ハオ「なんでもありません。忘れてください」

京太郎「…………」

ハオ「…………」

京太郎「それでも心配だよ。決まってるじゃないか」

ハオ「…………」

京太郎「…………」

ハオ「そう。ですか」

京太郎「うん」

ハオ「…………」

京太郎「ハオ」

ハオ「…………」

京太郎「さっきよりも顔が赤いけど、本当に大丈夫なんだよな?」

ハオ「だ、大丈夫れす!」

京太郎「でもやっぱり心配だよ」

ハオ「問題ありません! 中国には四千年の歴史がありますから!」

京太郎「それならいいけどさ。少しでも辛かったら俺に頼ってくれよ」

ハオ「え?」

京太郎「大したことはできないけど、医務室まで背負ってやるくらいは」

ハオ「つ、辛いです! 私いま体温何度あるんでしょうか! はは!」

京太郎「やっぱり強がってたんだな。真っ直ぐ歩けそうか?」

ハオ「京太郎が三人に見えます!」

京太郎「医務室まで運ぶよ」

ハオ(京太郎の背中! 京太郎の首筋!)

京太郎「気をしっかり持てよ。すぐに連れて行くからな」

ハオ(えへ、へへへ。えへ。くんかくんか)

京太郎(呼吸が荒いし、鼓動もなんだか激しいみたいだ。無理してたんだな、ハオ)