ネリー「キョウタロ、お金をくれたら何をしてもいいよ」

京太郎「」

ネリー「なんちゃって。ビックリした?」

京太郎「ああ、冗談。冗談ね! ハハ、分かってたよもちろん」

ネリー「今おサイフ出そうか迷ってたよね」

京太郎「気のせいだよ! それよりお前、まさか他の人にもそんなこと言ってないよな!」

ネリー「人をなんだと思ってるの。キョウタロ以外にこんなこと言わないよ」

京太郎「そ、そうか。それならいいんだ、安心した」

ネリー「安心したんだ。私が他の人にそういうことをしたらイヤなの?」

京太郎「イヤだよ、決まってるだろ。そんなこと」

ネリー「ふうん」

京太郎「なんだよ、言いたいことがあるならはっきり言えよ」

ネリー「別に。キョウタロは優しいなって思っただけ」

京太郎「そうかい。お前もこれに懲りたら変な冗談よせよ」

ネリー「冗談」

京太郎「うん?」

ネリー「ねえ、キョウタロ。キョウタロはさ、してみたいの?」

京太郎「してみたいって、何が」

ネリー「エッチなこと。私に」

京太郎「ば、馬鹿。何言ってるんだお前、からかうなよ」

ネリー「からかってないよ。誤魔化さないでちゃんと答えて」

京太郎「それは、その」

ネリー「おちんちん、私に使ってみたい?」

京太郎「…………」

ネリー「キョウタロ」

京太郎「…………」

ネリー「…………」

京太郎「し、したい。です」

ネリー「うん?」

京太郎「ネリーとエッチなことをしたい。したいよ」

ネリー「そっか。そうなんだ」

京太郎「もういいだろ、この話はやめよう」

ネリー「ふうん」

京太郎「…………」

ネリー「ねえ、キョウタロ」

京太郎「な、なんだよ」

ネリー「キョウタロのここ、やめてほしくないって言ってるよね?」

京太郎「お前、どこを触って」

ネリー「私と話してるだけでこんなに元気になっちゃったんだ。ごめんね」

京太郎「ネリー!」

ネリー「仔犬みたいな顔しないでよ。ちゃんとしてあげるから」

京太郎「おい、それ以上はホントにマズいって」

ネリー「おちんちん、しこしこってしたら気持ちいいんだよね? こうかな」

京太郎(ネリーの手。冷たくて、気持ちよすぎて)

ネリー「しこしこ、しこしこ。おちんちん頑張って」

京太郎(抗えないよ、こんなの)

ネリー「いっぱい気持ちよくなって、赤ちゃんの素、たくさん出してね」

-----

智葉「それで、婚前交渉どころの話ではなく、交際すらせずに孕ませたと。呆れたな」

京太郎「面目ありません、ホント」

ネリー「生涯賃金!」