京太郎「ふぅ……ようやく一人で落ち着けるぜ……」カポーン

京太郎「まったくみんな無防備すぎなんだよ……俺の身にもなってくれよ。たとえば……」


--------------------------

ネリー「んっ? 露出が多すぎる? 見てもいいんだよ……タダじゃないけどね!」

ハオ「日中関係は悪化する一方で……どう改善するべきか私の家で話し合いましょう。泊まりでもかまいませんよ?」

智葉「今日は朝まで飲み会だからお前も来い! 家が遠いから厳しい? 安心しろ部屋はあるから泊めてやるさ」

明華「先ほどから私の胸を見ているようですが……せっかくなので直接見てみますか? あら、顔を赤くして……」

メグ「ラーメン作ってください、40秒で」

---------------------------

京太郎「……最後のは違うか、おれも男なんだからからかうのもほどほどにして欲しい……」

京太郎「しかしほんと気持ちいいなこの温泉……疲れが取れるな」

明華「本当に気持ちがいいですね……フランスの温泉とはまた違った良さがあります」

京太郎「……」

明華「見てくださいお肌もつるつるですよ、触ってみますか?」

京太郎「ほげえぇえぇぇぇえぇ!」ビクッ!

明華「おやぁ? いきなりどうしたのですか?」

京太郎「なっ、なんで男湯にいるんですか! しかもいつの間に!」

明華「男湯にいるのは京太郎くんがいるからです、貸切なので他の男の人は入ってきませんし、ちなみに今来たばかりです」

京太郎「そうじゃなくて! あとタオルくらいつけてください! 見えてますから!」

明華「温泉に入るときはタオルを外すのがマナーですよね? 京太郎くんになら見てもらってもかまいませんから」

京太郎「あうぅ……」チラッ

京太郎(やっぱ大きい……しかも乳首もきれいな色して……)

明華「私みたいに大きい胸大好きなんですよね? 代わりに京太郎くんのかわいい風神も見せてもらいましたし」

京太郎「もう俺は出ますから!」ササッ

明華「おっと、逃がしませんよ?」ギュッ

京太郎「あぁ……これは……」

明華「どうですか? 普段抱きつくときは服の上からですけど今は生ですよ? やわらかいですよね?」ムニュ

京太郎(腕におもちのやわらかい感触が……明華さんのおもちで挟まれて……)

明華「あんっ……どうですか……直接味わうおっぱい味わう感想は……」ムニュムニュ

京太郎「おもっ……おもちが……」ビンビン

明華「おやぁ? かわいかった風神も立派な風神になりましたね?」

京太郎「これ以上は……その……」

明華「そこが日本人の悪いところです、ここまでしているのですし我慢しなくていいのですよ? もっと大胆になりましょう」

京太郎「……」ゴクリ

明華「私の胸を好きにしたいんですよね? それだけじゃ飽き足らず私の全身を弄びたいんですよね?」

京太郎「……わかりました」

明華「ようやくその気になったんですね?」クスッ

京太郎「明華さん……」モニュ

明華「んっ……憧れの胸を弄ぶ気分はどうですか?」

京太郎「最高に決まってますよ……」モミモミ…

明華「ここなら誰も来ませんし……すぐに体も洗えるから……私の全身を京太郎くんで汚してくださいね?」


-----------------------------------

明華「ねえ京太郎くん……」

京太郎「なんですか?」

明華「将来、日本とフランスのどっちで暮らしましょうか?」

カン!