カポーン…

京太郎「ふぃー…やっぱ風呂ってのはいいねぇ…疲れを溶かしてくれる…それが温泉だと尚更…」

宥「そうだねー。やっぱりあったかーいお湯は気持ちいいよぉ…」ホワホワ

京太郎「そうですねー…ん?へ?なっ!ほぁっ!?んだァァァあんた何やってんのォォォ!?」ザバァアア!!

宥「きょーたろーくん、年上にため口はめっ、だよ?」

京太郎「あ、ごめんなさい…じゃなくて!何でここにいるんですか!ここ男湯ですよね!?」

宥「ふぇ?違うよ?」

京太郎「ぇ?女湯?すみませんでしたすぐ出ていきますので警察沙汰はご勘弁おばばば」

宥「女湯でもないよ?」

京太郎「…んん?ではここは一体いずこで…」

宥「混浴」

京太郎「…混浴?」

宥「混浴」

京太郎「混浴ってあの?男女混成浴場略して混浴?男の夢の混浴!?」

宥「うん。ここは混浴の場所だよ?」

※事実は…

―――――

男湯※清掃中※

玄「おねえちゃんと京太郎くんどこいったんだろ…」キョロキョロ

玄「…」ピタッ「まさか一緒に入ってるなんて…まああるわけないか!」スタスタ

―――――

京太郎「あ、そうなんだ。ならいいかぁ」マッパ

宥「そうそう」ニコニコ マッパ

京太郎「…いいわけあるか!」バシャッ

宥「ふぇぇ?なに?」キョトン

京太郎「なんで丸裸なんですか!」

宥「だってお風呂だし…」

京太郎「なんでそこだけ常識的なの!それ以前に混浴って知ってるならせめてバスタオルくらい付けて下さい!」

宥「大丈夫だよぉ。この時間なら誰も来ないし…それに」

宥「京太郎くんになら…見られてもいいよ…?」

京太郎「」

京太郎「…えっあっ俺もう出ますね」バシャバシャバシャ ザバッ ダダダダダガラッピシャン

宥「…やっぱり…私じゃ駄目なのかなぁ…」

宥「…」

宥「寒い、よぉ…」

―――――

京太郎「考えるな考えるな考えるな」ブツブツブツブツ

玄「なんか京太郎くん怖い…」ブルブル

カンッ


この二人はどっちと結ばれるのがいいんでしょうねぇ(ゲス顔)というお話