京太郎「こいーはスリールショックサースペーンス」
咲「京ちゃん!」

京太郎「おう!咲どうした!朝から元気だな」

咲「京ちゃんこそ朝から名探偵コナンなんて御機嫌だね!」

京太郎「まあ名探偵コナンには名曲だらけだからな」
咲「なにかあったの?」

京太郎「ああ今日も和に会えると思うと御機嫌になるさ!」

咲「アハハハー」ギュー

京太郎「痛い!咲さん痛いっすよ!」

咲「もー京ちゃんは胸の大きな子ばっかりだね」

京太郎「そんなことないぞー胸の小さな子だって魅力的な子はいるし」

咲「えっ///それって…!!」

京太郎「優希とか元気があっていいと思うぞ」

咲「アハハハ」ギュー

京太郎「痛い!痛いよ!なんなんだよさっきから!」
咲「ほんと京ちゃんは女の子の話ばっかり!」

京太郎「なんでだよ!いいじゃねーか!年頃の男子はそーゆーもんなの!」

咲「そんなこと言ってると身近ないい子を見落としちゃうよ!」

京太郎「えー例えば?」

咲「そっそれは自分で考えるの!///」


咲「ほんと京ちゃんはだらしないんだから!私がいないとダメダメだね!」

京太郎「まったく毎日毎日そんなことばっかり言って…まさか…」

咲「なに?」

京太郎「まさかお前ほんとは俺のことが好きだったりしてー!」

咲「…ばっばっか///そっそんなわけ///ない…よ」

京太郎「え…まさかほんとだった?///」

咲「…ほんとだったらどうする?」

京太郎「…いや咲をそんな風に見たことはなかったし…いやでも…べつに悪くはないかな…///」

咲「ほんとっ!?」


京太郎「な…なーんて言うと思ったかー!///誰がお前みたいなちんちくりんと…」

咲「…」グスッ

京太郎「さ…咲?」

咲「京ちゃんのバカーー!!!」
ダッ

京太郎「おい咲っ!!」

京太郎「…やっちゃった…」


久「こおりーのーうえーにたつーよーにー」

久「さあみんな今日も元気に部活部活ぅ!!」

久「あら?」

京太郎「……」ハァ

久「あらあら須賀君なんだか元気がないわねー」

久「なにかあったの?」

京太郎「いや実は…」カクカクシカジカ


久「あーそれは須賀君が悪いわ」

京太郎「ええ!やっぱり!?」

久「だって須賀君の好きな子って咲でしょ?」

京太郎「そんな!あんなちんちくりんで麻雀しか取り柄がなくて、すぐ迷子になるような俺がそばにいてやらなきゃダメみたいな奴が!?」

久「ほらそんなに咲のこと考えてるならそうじゃない」

京太郎「た…確かにあいつはいつも見ててハラハラするというか、ほっとけないっていうか…」

久「だーっ!うだうだ言ってないでさっさと告白してきなさい!!これ部長命令!!」

京太郎「は…はいぃ!!」


咲「…」ハァ

咲「私ってそんなに魅力ないのかなあ…」

咲「胸を大きくするために毎日牛乳飲んだり、ストレッチしたり」

咲「元気で負けないように毎日京ちゃんに声かけてみたり」

咲「なんだか…自信なくしちゃうなぁ…」

京太郎「おーい!咲ー!」
咲「ふあっ!!京ちゃん!?」

京太郎「はあ…こんなところにいたのか…ぜえ…はあ…」

咲「京ちゃん走って私のこと探してたの…?」

京太郎「あったりまえだろ!みんな心配してたんだぞ!」

咲「そっそうだよね…ごめんね心配かけて…」

京太郎「…ほんとお前は心配ばっかりかけて!」

咲「…ごめんなさい」グスッ
京太郎「…咲…今日お前に言ったことごめんな」

京太郎「俺は胸が大きい子より元気のある子よりお前みたいになほっとけない咲が好きなんだ…///」

咲「えっ!…それって告白…?///」

京太郎「…んだよ///悪いかよ///」

咲「…ううんぜーんぜんすっごい嬉しい…///」グスッ

京太郎「なっなんだよ!泣くなよ!」

咲「だってすっごい嬉しいんだもん…」

咲「ふあっ…う…うあああああん!!」ダキッ

京太郎「うあっ!咲っ!ちょっ!抱き着くな!///」

咲「うあああああん京ちゃん大好きだよおおお!!」

京太郎「わかった!わかった!俺も大好きだから!恥ずかしいからやめて!!」

久「…青春ねぇ…」

優希「…」

和「…」


カンッ!!