カタンカタン。
規則的に洗濯機が回り続けている。

「よぅ、咲」
「京ちゃん、お帰り」
「なぁ、お前今日どこか行ったのか?」
「ううん、私は別に」
「せっかく東京に来たのに…具合でも悪くなったのか?」
「そんなんじゃないけど…」

インハイ初日が終わった夜。
どこか堅い咲の空気。
京太郎はいつもの軽口が何となく阻まれ、暫くの間沈黙が続く。

「そう言えば今日優希のヤツ、タコスのハシゴしててな。
休養日の方が疲れるってどんだけ…―」

コツン。

「咲?」
「すー、すー」
弱々しく京太郎の肩にもたれ、咲が小さな寝息を立てる。

カタンカタン。
規則的に洗濯機は回り続ける。

「おね―…ちゃん…」
猫みたいに甘えながら身体を擦りつける咲。
未成熟な柔らかさに京太郎は全身が硬直する。

な、何考えてんだ?俺は。
相手は咲だぞ!?和でも風越の美人さんでもない―…

「おね―…ちゃん…」
弱々しく再度漏らした咲の呟きが、京太郎の硬直を解いた。
引き寄せられる様にゆっくりと手を伸ばす。


「ふぇ?」
咲が目を覚ますと、京太郎が息がかかりそうな距離で固まっていた。

「…京ちゃん?」
「ご、誤解するなよ?!コレはそうゆうアレじゃない」
「?」
慌てて飛び退く京太郎に咲が小さく首を傾げる。

「あー、な、何の話してたんだっけか?」
「観光?」
「そうだ、咲は別に具合悪い訳じゃないんだよな?」
「うん」
「―…まぁ勝ち進めばまた機会もあるかもな」
「うん」

モチロン観光の機会だ、断じて咲の頭を撫でる機会じゃない。

京太郎は胸中で自分に言い聞かせる。
洗濯機の方を向いたまま、何故か咲の顔は見れない。

「うしっ」
息が整うと、京太郎は逃げる様にその場を去った。


「~~~っ!?!」
京太郎の背中が見えなくなってから、咲は大きく息を吐いた。

息がかかりそうな近さの京太郎の顔が脳裏に甦る。

だ、大丈夫だよね?
私、別に変じゃなかった…よね?
咲が何度も問いかけながら顔を上げると
洗濯機のガラス越しに真っ赤になった自分が写る。

そうだ、私は…―

「…私は」
咲は自分に言い聞かせる様に声に出す。
「私は、そんな用事でここに来た訳じゃないから」

洗濯機が静かに終わりを告げた。