胡桃「ねぇねぇ、もっと膝って柔らかくならないの?」チョコン

京太郎「んな無茶苦茶な。座布団持って来ますから我慢してくださいよ」

胡桃「……はぁ、分かってないなぁ須賀くんは」ヤレヤレ

胡桃「充電に座布団使うって邪道じゃない。ちょっとは考えてよねー」フッ

京太郎「そもそも俺は充電の定義すら知らないんですけど…」

京太郎「って言うか、柔らかいのが良いなら小瀬川先輩で充電すれば良いじゃないですか」

胡桃「…………はぁ」ヤレヤレ

京太郎「はい?」キョトン

胡桃「私がシロじゃなくて君で充電してる理由、ちゃんと分かってる?」

京太郎「小瀬川先輩がいないからじゃ?違うんですか?」

胡桃「いや最初はそうだったよ。最初はね」

京太郎「はあ………よく分かりませんねぇ」

胡桃「……………バカ」ボソッ

京太郎「ちょっ!なんで罵倒されてんですか俺!」

胡桃「うるさ~いっ!黙って充電されてろバカ~~」ウガーッ!





カンッ!