明華「京太郎くん、なにか言い訳があったら聞いてあげますよ」

京太郎「…………」

明華「ふふ」

京太郎「ありません。すいませんでした」

明華「すいません、とは? 京太郎君はどんなことについて謝ってるんですか?」

京太郎「エ、エロ本を」

明華「元気がありませんね。お姉さんにも聞こえるように話してください」

京太郎「明華さんという恋人がいながら、エロ本を買いました!」

明華「そうですね、こんなにたくさん買ってしまいましたね。エッチな雑誌」

京太郎「…………」

明華「まあ、いやらしい。このお姉さま方はお金をもらうために必死なんですね」

京太郎「…………」

明華「いつも照れた素振りを見せてはいますけど、好きですよね。こういうの」

京太郎「う」

明華「胸が大きくて、髪が長くて、優しそうな異人のお姉さまが好きなんですもんね」

京太郎「も、もう許して」

明華「ねえ、京太郎くん?」

京太郎「はい!」

明華「さっきから随分怯えてるようですけど、別に怒っているわけじゃありませんよ? 私」

京太郎「え?」

明華「ただ少し腑に落ちないところがあるんですよね、聞いてもいいでしょうか」

京太郎「な、なんなりと」

明華「私のこと、好きですか?」

京太郎「そんなの当たり前です、明華さんは俺の恋人なんですから」

明華「いえ。そうではなく、京太郎くんから見た私のルックスの話をしてるんですよ」

京太郎「ルックス? それこそ大好きですよ、俺の好みド真ん中です。美人さんです」

明華「ありがとうございます。えへへ」

京太郎「えっと、それがどうかしたんですか」

明華「好みド真ん中な私がどれだけ誘っても、つれなくするのは何故ですか?」


京太郎「…………」

明華「セックスに興味がないのかと思っていたら、実際はこんな雑誌にお熱なんですよね」

京太郎「それは」

明華「何故ですか」

京太郎「…………」

明華「…………」

京太郎「みょ」

明華「みょ?」

京太郎「明華さん、避妊させてくれないじゃないですか」

明華「へ」

京太郎「いつもそうです! 二人きりになったらすぐにしなだれかかってくるし!」

明華「え、え?」

京太郎「俺だって我慢してるんです! それなのに俺の気持ちも知らないで誘惑して!」

明華「それって、つまり」

京太郎「なんですか性の異文化交流って! 俺だってホントは明華さんとエッチしたいですよ!」

明華「…………」

京太郎「赤ちゃん出来ちゃうから膣内(なか)はダメなんです!」

明華「…………」

京太郎「…………」

明華「つ、つまり、私に性的魅力を感じないわけではないと」

京太郎「ありえません。エロエロです」

明華「私に対して、愛がないわけでは」

京太郎「好きです。誰よりも」

明華「…………」

京太郎「…………」

明華「ねえ、京太郎くん」

京太郎「はい」



明華「や、薬局。行きましょうか」