智葉「そういや、気付いたらいつもメグの膝に乗せられてるよな。お前」

京太郎「え? ああ、言われてみればたしかにそうですね」

メグ「ジャパニーズ舎弟みたいなもんデスかネ。無性にキマリがいいんデスヨ」

智葉「ああそうなの。仲いいなお前ら」

ネリー「サトハ、私もお膝に座りたい。ダメ?」

智葉「今はダメだ」

ネリー「やっぱりお金欲しい?」

智葉「違う。私は手が空いてないからミョンファやハオにでも構ってもらえ」

ミョンファ「京太郎くん、次はお姉さんと異文化交流しましょう」

ハオ「いやらしい手つきですね!?」

智葉「いや、ちょっとダメそうだな」

ネリー「仕方ないからキョウタロのお膝でゆっくりするよ。よいしょ」

京太郎「はは、先輩のお膝じゃなくて悪かったな? このやろこのやろ」

ネリー「やあん! キョウタロ、ごめんごめん! ごめんなさい! えへへ」

ミョンファ「…………」

ハオ「…………」

メグ「ハハハ、京太郎とネリーは仲がいいデスネ。まるで兄妹だ」

ネリー「む。私たち兄妹じゃないよ! だって私キョウタロのこと」

ミョンファ「ネリー」

ネリー「好ひっ!? ど、どしたのミョンファ、そんな怖い顔して」

ミョンファ(抜け駆けは)

ハオ(ご法度と決めましたよね?)

ネリー「顔に書いてる!?」

京太郎「え、どうしたんだいきなり。ネリー?」

ネリー「な、なんでもないよ! サトハと比べたらまだまだだけど中々だったよ! ありがと!」

京太郎「うん? ああ、それはよかったな」


ミョンファ(メグ、今あなたの心に直接呼びかけています)

メグ(!?)

ミョンファ(京太郎くんを膝から降ろしてください。謝礼は後日、生麺で支払います)

メグ「あかん、足が痺れてきたわ。悪いけど降りてもらえんか京太郎」

京太郎「え!? すいません、分かりました」

ミョンファ「ふふふ」

ハオ(世界ランカーってすごい、そのとき初めてそう思いました)

ミョンファ「京太郎くん」

京太郎「ちょっと、ミョンファさん!? 向かい合わせは流石にマズいですって!」

ミョンファ「他の子とはスキンシップしてますよね。お姉さん少し妬けてしまいます」

京太郎「その、ミョンファさんとくっつくのは色々問題があるというか、なんというか」

ミョンファ「ふふ、スキンシップとは言ってもスキンは使わなくてもいいですよ?」

京太郎「なんの話!?」

ネリー「…………」

ハオ「…………」

ネリー「ハオ。悪いけどあれを黙って見てるなんて無理だよ」

ハオ「うん。それは私も同感かな」

ミョンファ「子どもは最低でも三人欲しいですよね。本当はその十倍が望ましいのですけど」

京太郎「ミョンファさん! そろそろ本当に洒落にならないことになっちゃいますから!」

ミョンファ「まあ! 京太郎くんの風神(ヴァントゥール)とてもご立派ですよ。ふふ」

京太郎「」


ミョンファ「ではそろそろ」

ネリー「そこまでだよ!」

ハオ「独り占めもここまで来ると見過ごせませんね。というか、忘れがちですけど部室ですからね。ここ」

ミョンファ「とんだお邪魔虫が入りましたね。京太郎くん、今日のところはハグだけで我慢してください」

京太郎(う。一瞬ちょっと残念だとか思ってしまった)

ネリー「あ、ズルい!」

ハオ「正面は既に先客がいるわけだし、ここはやっぱり」

ネリー「うん!」



メグ「お疲れさま、やっと終わったんデスネ。データの考察」

智葉「ああ、一度にこれだけの量は流石に骨が折れるよ。あいつらはどうした?」

メグ「それが」

ネリー「キョウタロ、ジュース買ってあげよっか! もちろんキョウタロのお財布から」

ミョンファ「どうしてもと言うのならば特別に愛人も認めますが、正妻は私ですから。いいですね」

ハオ「京太郎の腕、硬くて太いのに抱き心地がよくて、なんだかドキドキします」

京太郎「」

智葉「…………」

メグ「…………」

智葉「え、なんで?」

メグ「ジャ、ジャパニーズ合体ロボ!」

智葉「全員正座!」