衣「ふんふ~ん♪」ニコニコ

京太郎「あのー……」

衣「どうしたキョータロー?」

京太郎「いえ、何で俺は天江さんを膝に乗せてるんだろうと思いまして」

衣「天江じゃない衣で良いっていつも言ってるだろう」

京太郎「はぁ……」

京太郎「と言うか学校帰りにいきなり拉致られて、理由も分からぬままここに連れて来られてこの状態なんですが……」

衣「うむ。流石ハギヨシ、仕事が早いな」

京太郎「そう言う問題じゃないですよね!?」

京太郎「……いや確かにあまりにも手際が良すぎて、こうなるまで抵抗できなかったんですけど」

京太郎「と言う訳で帰って良いですか?」

衣「……キョータローは衣と居るのは嫌か?」ウルウル

京太郎「いやそう言う話じゃなくてですね」

衣「だったら何も問題は有るまい」

京太郎「はぁ……分かりました。でもせめて理由を聞かせてください、俺を拉致した理由」

衣「り、理由か……」アセアセ

京太郎「何をそんなに動揺してるんですか?」

衣「うぅ……えっと、そのだな……」

衣「キョータロー、今日は何の日か知っておるか?」オソルオソル

京太郎「今日が何の日?……あーなるほど、そう言う事でしたか」

衣「そ、そうだ。分かってくれたか?」

京太郎「はい。もう、それならそうと言ってくれれば良いのに」

衣「す、すまない。だが衣が自分から言うのはその……恥ずかしくてな///」

京太郎「分かります。自分からは良いにくいですもんね」

京太郎「そう言う事なら存分に甘えてください、さぁ」ニコッ

衣「キョータロー!」パァァァァッ


京太郎「そりゃいつも子供じゃないって言ってるのに、妹として扱って欲しいだなんて言えませんもんね!」


衣「……は?」


京太郎「大丈夫です。こう見えても理解はあるほうですし、妹みたいな奴を長年世話してきた経験がありますから」

京太郎「それに身内相手じゃ、照れくさくてこう言う事は頼めないでしょうしね」

京太郎「ささ、遠慮なくどうぞ」



衣「………………ハギヨシ」

ハギヨシ「はっ。どうかなされましたか衣様」

衣「卓の準備をしろ。それにそうだな咲やその姉も呼べ」

ハギヨシ「……かしこまりました」

京太郎「え?」

衣「ふふふ。キョータロー、まさかお前がそこまで鈍い奴とは思わなかったぞ」

衣「その鈍さ、どうやら今ここで矯正せねばなるまい」

京太郎「え?え?え?」

衣「……キョータロー、覚悟するがよい。今夜は寝かさんぞ?」ニヤッ



京太郎「ひぃぃぃぃぃぃっ!?」



その日龍門渕の屋敷では男の悲鳴が耐える事が無かったという……



衣「…………少しくらい気づいてくれても良いのに、キョータローのバカ」グスン




カンッ!