京太郎「ふぅ…」ズズー

京太郎「ん?美味いなこのコーヒー。インスタントのくせにやりおる」ズズズー

ガチャッ 京太郎「おっ」

貴子「…」ボー

京太郎「おはようございます、貴子さん」

貴子「ん…きょうたろぉ…おはよぉ…」ネムネム

京太郎「めっちゃゆるゆるじゃないっすか…ほら、コーヒー飲んで」スッ

貴子「ありがと…」ズズー「…よし、目が覚めた。ところで須賀」ガッ

京太郎「ひょ?」グイッ

貴子「さっきのは忘れろ?いいな?返事しろ早く頼むから忘れてくれ」ユサユサユサ

京太郎「うおぉぉぉわかりましたからストップストップコーヒーがこぼれるぅぅぅ」ガクガクガク

貴子「あ、あぁスマン」パッ

京太郎「いえ、別にいいですけど…なんだかなぁ」

貴子「?」

京太郎「好きな人の可愛い姿を忘れるなんて勿体無いかなって」


貴子「なっ…須賀ァ!」カァァ

京太郎「ははっ真っ赤になっちゃって。可愛いですよ?」

貴子「…知らん!」プイッ

京太郎「すみませんってばもう」ナデナデ

貴子「…」ムッスー

京太郎「公私を分けようとするのもいいですけど、やりすぎると潰れちゃいますよ?」ナデナデ

貴子「…」

京太郎「ホントは厳しくしたくないくせに…たまには肩の力を抜いて…ね?」ポンポン

貴子「…今日だけだからな、優しくするのは…」

京太郎「はいはい、それでいいですよー」ナデナデ

―――――

華奈「コーチがなんか優しいし!明日は槍が降るし!」

貴子「テメェ池田ァ!調子に乗ってんじゃねぇ!」

華奈「ひぃ!?ごめんなさいだしー!」

京太郎(なーんで地雷踏みに行くのかなぁ…)

カンッ