京太郎1「えっと……」

京太郎2~5『なんで俺がいっぱい』

小蒔「はわわ……京太郎さまがいっぱいです」

霞「小蒔ちゃんの仕業よね……」

初美「こんなことできるのは姫様以外考えられないですしねー」

春「でもこれはいい……」ポリポリ

小蒔?「いやー、よろこんでもらえたかなっ?」

巴「……もしかしなくても神様ですか?」

小蒔?「この男とみんな交代でいちゃいちゃするじゃん? 小蒔ちゃんがもう少し一緒に居たいって言ってたわけよ」

初美「そのわがままを聞いてあげたってことなんですかー?」

小蒔?「そうそう、知り合いの大統領に頼んで京太郎くんを集めてもらったのよ、明日には戻るからみんな楽しんでねー」シュン

霞「ちょ、ちょっと待っ……」

小蒔「はうっ! すいません、少し寝てました」

京太郎1~5『俺達はどうしたら……』

春「せっかくだから楽しんでおく?」

霞「そうね、じゃあ……」


小蒔「きょうたろぉさまぁ……なでなでしてくださいよぉ……」

京太郎「なでなでか、小蒔のためならいくらでもしてやるさ」ナデナデ

小蒔「ん~っ……あとちゅーもしてくれないと拗ねちゃいます」

京太郎「小蒔は甘えん坊だなぁ……」


巴「この洋服どうかな?」

京太郎「巴さんにはこっちのほうが……うん、似合ってます、俺はいいと思いますよ?」

巴「でもこれ露出が多くて……でも京太郎くんが好きなら…//」


春「……黒糖おいしい、京太郎と一緒だと特に」ポリポリ

京太郎「昼過ぎのお茶ってなんか落ち着きますよね……」ズズッ

春「ねえ黒糖口移しで食べさせて……」

京太郎「わかったよ、春のためなら……んっ」

春「この黒糖私でもちょっと甘すぎる……//」


初美「暑い日はプールに限りますねー」 スク水

京太郎(スク水で普段より露出が少ないっていったい……)

初美「どうかしたんですかー?」


霞「あんっ……久しぶりの京太郎くん……大きすぎて……んんっ!」ズッ

京太郎「……」ビュルッ…

霞「出しちゃったけど、まだまだいけるわよね……ふぎゅうぅぅううっっ!!」ズンズン

京太郎「……」カラッ…


翌日

京太郎「あれ? なんか昨日の記憶が……」

初美「本当に1人に戻りましたねー」

小蒔「少し残念です……」

京太郎「あの昨日って何かあったんですか?」

巴「気にしなくて平気だから今日も張り切ってお仕事しよう!」

春「もう少し京太郎を味わいたかった……」

霞「私は久しぶりにお腹いっぱい味わったわよ、もう入らないわね」サスサス…

春「……なにしたの?」

霞「さあ……」

京太郎「何か急に寒気が……」

初美「夏風邪でもひきましたかねー?」

巴「でもこれでひと段落かしらね?」

小蒔「京太郎さまは1人に戻りましたけど、これからもみんなで仲良く京太郎さまと愛し合いましょう!」

カン!