京太郎「ふにゃぁ……」

竜華「ふふっ……かわいい顔しとるなぁ」ナデナデ

京太郎「ふむふむ、今日は黒でしかもスケスケとは……相変わらずエロいですね」ペラッ

竜華「京太郎くんがこういうの好きやからな」

怜「京ちゃんや、うちなんて……ほら」クイッ

船Q「下着くらいきちんと履いてきてくださいよ…」

セーラ「ええんやないか? どうせ後でみんな脱がされるんやし」

泉「そろそろ交代の時間ですね、次の人に……」

セーラ「ようやく俺の番や! 京太郎ほら頭撫でてくれやー」ダキッ

京太郎「相変わらずセーラ先輩はかわいいですね」ナデナデ

セーラ「んっ♪」

怜「ほんとセーラも京太郎の前では常時全力の乙女モードやな、セーラーも嫌がらんで着るし」

船Q「いやぁ、私としてはコレクション増えるからありがたいですわ」パシャパシャ!

京太郎「あれ? セーラ先輩少し胸大きくなってません?」モニュ

セーラ「んっ……だって京太郎がいつも揉んでくれとるから……ちゅっ……」

泉「ああっ! ずるいですよ!」


セーラ「やぁっ……お腹に硬いのあたって……//」

泉「もうあんなに大きく……//」

竜華「ほら、胸ならセーラよりうちのほうが……好きにしてくれてええから……なっ?」

京太郎「……!!」ビクッ

船Q「おっ! 大きくなってきましたね……胸に反応しましたね……」

京太郎「仕方ないじゃないですか……こんな大きいの見たら……」

怜「ならうちも……どうや? うちも脱ぐと結構大きいやろ? 揉んだり挟んだりしてええんやで?」

京太郎「……」ゴクリ

怜「ひゃんっ! やらしい手つきやでほんまに……」

泉「うぅ……うちの胸も揉んで大きくしてぇ……」

竜華「うちも揉んで? 京太郎くんに触られたいんよ……」

京太郎「待って……そんないっぺんには……」

セーラ「京太郎は今は俺のなんやぁ……」ギュッ

船Q「美少女達侍らせてギンギンにして……ほんま変態やな……そんな変態には足でええな」

京太郎「ぐっ……」

船Q「服の上から踏んでてもビクビクしとるのわかるで……早く出したいんか……まだ駄目やで?」

竜華「なあそろそろ……」


雅枝「ちょっと待ったああぁぁっっ!!」


京太郎「雅枝さん……」

雅枝「まったく仲間はずれにするなんて酷いなぁ……罰として最初にうちが……」

泉「だめですっ! それは京太郎くんが決めるんですよっ!」

竜華「仕事なんとか終わったんやね……人数増えてもうた……」ハァ…

怜「今日はどんなプレイするんや? SMか? コスプレか? それとも……」

セーラ「そんなことより……俺もう我慢できへん……」

京太郎「ほんとに何でこんなことに……」

怜「5人で告白して……やけくそでみんなまとめてって言ったのは京ちゃんやで?」

泉「まあ選ばれないより……みんな一緒のほうが良いですしね」

セーラ「俺は京太郎とおれたらどうでもええ……」

船Q「まあ、おばちゃんがいつの間にか仲間に入り込んでたけどな」

雅枝「うっさい、あんたらで京太郎独占とかずるいことさせるかい!」

竜華「それより……そろそろみんな一緒に……しよ?」

カン!