巴「後悔、してない?」

京太郎「…………」

巴「京太郎くん」

京太郎「そんな余地ありませんでしたよ。俺たちは許婚ですから」

巴「そっか」

京太郎「そうです」

巴「京太郎くんさ、変わらないよね。小さい頃から」

京太郎「変わらずにいたかったですよ。本当に」

巴「変わってないよ。今だって子どもみたいに拗ねてる」

京太郎「なにが言いたいんですか」

巴「分からない」

京太郎「え?」

巴「どんな風に言葉を選んだら京太郎くんを傷付けずに済むか、分からないの」

京太郎「いいですよ、別に。もう子どもじゃないんだから」

巴「…………」

京太郎「…………」

巴「姫さまのこと。小蒔ちゃんのこと、今でも好きなんでしょ」

京太郎「そう思いますか」

巴「ごめんね。本当にごめん」

京太郎「須賀の家と六女仙との婚約は掟ですから、巴さんが謝ることじゃありませんよ」

巴「でも私と小蒔ちゃんが逆の立場だったら。もしもそうなら京太郎くんはそんな思いせずに済んだよ」

京太郎「ねえ、やめましょう。これから夫婦になるんですから、不要なわだかまりを作りたくない」

巴「わかってる。わかってるけど」

京太郎「むしろ、こちらこそ申し訳ないです。俺の身の程知らずが原因で巴さんに気を使わせてしまって」

巴「身の程知らずだなんて、そんなこと」

京太郎「いいんです。分かってますから」


巴「…………」

京太郎「…………」

巴「ねえ、京太郎くん」

京太郎「はい」

巴「私ね、京太郎くんのことがずっと好きだったよ」

京太郎「え」

巴「まだ小さい頃からずっと、あなたが小蒔ちゃんを思うのに負けないくらい。ずっと」

京太郎「巴さん」

巴「だからね、本当にごめんなさい。今すごく幸せなの、私」

京太郎「俺、色々無神経なこと言って」

巴「うん、正直ちょっと傷付いた。やっぱり勝てないな、小蒔ちゃんには」

京太郎「…………」

巴「京太郎くんさ、私のこと好き?」

京太郎「…………」

巴「そっか」

京太郎「これから、好きになります」

巴「そう言ってもらえるとうれしいな」

京太郎「ごめんなさい」

巴「時間はいくらでもあるもん。私たち、これから結婚するんだから」

京太郎「それでも、ごめん」

巴「いいよ、許してあげる」

京太郎「…………」

巴「だからさ、もう泣かないでよ。旦那さまの目元が腫れてたら格好付かないぞ」

京太郎「…………」

巴「本当、ちっちゃい子みたい」